昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

プチ鹿島
2017/03/17

森友学園の「昭恵夫人」とは一体何者だったのか?

スポニチ「アッキー 人ごとボヤッキー」が示すもの

genre : ニュース, 政治

 出るぞ、出るぞ、と思っていたらキマシタ!

「小学生が『森友ごっこ』」(東京スポーツ・3月9日付)

《森友学園が運営する「塚本幼稚園幼児教育学園」の園児たちが暗唱する「安倍首相、頑張れ! 安保法制、国会通過よかったです」のフレーズが一般小学生の間で口にされ、教育現場を混乱させていることが分かった》

 さすが小学生。ヘンテコなものには敏感だ。そのうえで「教育現場を混乱させていることが分かった」と淡々と書く東スポ芸も味わいたい。

日の丸に礼をする籠池理事長 ©時事通信社

 記事では「森友ごっこ」のモノマネの問題点が指摘されている。

「学校での特定政党を支持するような政治教育をしてはいけないということに抵触している」(小学校関係者)というのだ。

 たしかに関係者は心配だろうが、ちょっと安心するエピソードを紹介しよう。

 60年安保闘争のとき、当時の岸信介首相の邸宅には連日デモ隊が押し寄せた。

《その岸邸の中では、まだ5歳と幼かった安倍晋三と兄・寛信(当時7歳)がデモ隊の口まねをして、「アンポハンターイ! アンポハンターイ!」と繰り返すのを岸がニコニコしながら見ていた──安倍が政治の「原体験」としてよく語るエピソードである》( 「5歳の安倍晋三氏 デモ隊まね『アンポハンターイ』繰り返す」2015年5月15日 NEWSポストセブン)

 子どもの頃に「アンポハンターイ! 」と叫んでいても、大人になったら憲法解釈まで変えて賛成派となった人もいる。それを思うなら、今は「安保法制、国会通過よかったです」と口まねしていても逆の意見になる人物も出てくるはずである。安心してほしい。

「安倍昭恵氏は公人か私人か」問題

 さて、次は首相夫人の話題。「安倍昭恵氏は公人か私人か」問題がこのところ新聞ではにぎわった。

昭恵夫人7日、

《仕事の能力もない、家事がうまいわけでもない私が、何でこんな立場で注目されるのか戸惑っています。》(スポーツ報知・3月8日)と語った。

 ただその言葉を語っているのも「人前」「イベント」という見事に公の場なのである。

 そんな昭恵夫人のことをスポニチは、「アッキー 人ごとボヤッキー」と見出しで打った。

※ボヤッキーの意味がわからない若い方は近くのおじさんに確認してください。

連日、森友学園ネタはスポーツ紙までも巻き込んで盛り上がった

 首相夫人の肩書について調べ、「名誉職 首相夫人の看板 昭恵氏、団体・イベント20の肩書」と一覧にしたのが朝日新聞(3月9日)

「総理夫人で知名度もある。メディア出演や講演、フェイスブックで話題にしてもらえば、よい情報発信になる。首相夫人という立場に期待していないとは言えない」とコメントしているのは「白米千枚田景勝保存協議会」(石川県輪島市)の関係者。

 ここで気づくのは昭恵夫人の情報発信力だ。過去の首相夫人とは大きな差がある。

「鈴蘭会」という森友学園の幼稚園に教材を売った一般社団法人には「何かお手伝いはできないか」「私の肩書を自由に使って」と言っていたという。ハッキリ言ってしまうと出たがりなのである。

ただの「出たがり」だけの話でもないとすれば

 ここで森友学園の経営する小学校の名誉校長問題をあらためて考えてみる。

 昭恵夫人の出たがりな点を重視して「自覚をもて」とか「脇が甘かった」という指摘や言説がある。

 しかし森友学園については本当に「脇が甘かった」「出たがり」だけの話なのだろうか?

今年、シドニーにて ©getty

 昭恵夫人は「籠池先生の教育に対する熱き想いに感銘を受け、このたび名誉校長に就任させていただきました。」とか「瑞穂の國記念小學院は、優れた道徳教育を基として、日本人としての誇りを持つ、芯の通った子どもを育てます。」と、森友学園のHPでメッセージを寄せていた(現在は削除)。

 ここまで強烈に支持しているのだから、それはもう脇が甘いのではなく心からの賛同であり協力だ。思想は自由だからよいのだけど、今回私が痛感したのは次のことだ。

  今までメディアは昭恵夫人を「家庭内野党」だとか「リベラル」などと呼び、少なからぬ人々がそう思ってきた。

 でも、今回の森友学園の件で、それは幻想っぽいことがわかったのではないか。昭恵夫人のなんとなくのイメージだけが先行していたのだ。

 安倍首相は「印象操作しないで」とよく批判するが、ご自分の奥さんが結果的に最も印象操作に成功していたとも言える

 ところで、昭恵夫人が公人か私人か問題ですが、「私人」であるとするなら新聞各紙は今後「某総理夫人」と書いたらどうだろう。

 そのうち昭恵夫人の方から名前と顔を出してくれ、と言ってくるはずだ。