昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

【楽天】チーム好調の裏にあったペゲーロの“ソンタク”

文春野球コラム ペナントレース2017

 やりましたぁー! 開幕カード3連勝! そしてホークスにも1つ勝ち、2009年以来の開幕4連勝! うれしー! ありがとー! おおきに饅頭!

 あかん、なんやろ。このこんなに勝ってもええのん?て感覚。そらしゃーないわ、昨シーズンは同一カード3連勝がパ・リーグ相手には一度もなかったんやから。うん。感慨深いぜっ。とにかく素晴らしい開幕ダッシュを飾ることができました!

松井知事が始球式「ファンの気持ちをソンタクしてください」

 さて開幕戦は敵地京セラドームでしたが、もちろん関西在住の僕は現地観戦させていただきました。そしてオリックス、楽天ファンで満員御礼のドームでの始球式にはなんとあのイチローさんではありませんか! あのイチローさん! そう、大阪府知事の松井一郎さんでした。投球前のマイクパフォーマンスもしっかり

「選手の皆さんはファンの気持ちをソンタクしてください」

 で笑いを誘っていましたが、ぼくの隣にいた楽天ファンのおっちゃんがすかさず

「おーい、イチローさーん、信じていいんやなぁー、大阪府民の気持ちもソンタクしてくれよー」

 さすが関西パ・リーグ往年のヤジ! シビれました。

 しかし僕を最もシビれさせたのは2、3、4番に外国人を並べた楽天打線! 2番ペゲーロですよ! 1番茂木、2番岡島、3番ペゲーロちゃうのん? 小技できるの? 大丈夫?とまぁド素人の心配は無用でございました。これがハマるハマる。ドッキリの森脇健児さんか言うぐらいハマってました。しかもチャンスでペゲーロに回る回る。円広志さんか言うぐらいに回ってましたね。そしてまたペゲーロも答える答える。高校生クイズの東大寺学園か言うぐらいに。もうええわっ!

 とにかくペゲーロの延長11回表、センターバックスクリーン5階席へ飛び込む2ランホームランには度肝ぬかれましたわ。あれ150メートルはいっとるやろうな……。「京セラドームであそこ飛ばすの中村ノリ以来観てないぞー!」て言うてる方もいましたわ。

ペゲーロとのツーショット写真 ©かみじょうたけし

 ペゲーロの決勝ホームランで開幕戦を制し、2戦目も大勝。そして迎えた3戦目、7回が終わって0ー4とリードを許す展開。その日の西勇輝投手の出来を見て、開幕カードは2勝1敗でしょうがないと諦めかけたところで、茂木選手の逆方向への2ラン、銀次選手のタイムリーで1点差に迫り、9回に守護神・平野佳寿投手からまたもペゲーロがセンターバックスクリーン5階席へ飛び込む特大の逆転2ランを放って3連勝! 大興奮の開幕3連戦でしたっ。

ウィーラーの今季初安打を喜ぶペゲーロの“ソンタク”

 そして待ちに待った地元koboパーク宮城で迎えたホーム開幕戦の相手は強敵ホークス! 則本昂大vs千賀滉大のWBC対決! 痺れますなぁ。しかも千賀投手は世界のベストナインにも選ばれた今ノリに乗ってる投手! しかーし、こちらも楽天のスーパーエース則本投手。負けられない一戦。

 さすがに投手戦になるのではと思われていたものの、4回に一挙6点を奪って試合を決めたわけですが、この回のあるシーンが今の楽天の強さを象徴していると僕は感じた。それは茂木栄五郎選手の3ランでもなく、その後のペゲーロ選手の四球でもない。20打席目にして初ヒットを放って大喜びするウィーラー選手と一緒に喜ぶぺゲーロ選手だ。

 自分が打てないときでもペゲーロ選手のホームランで大喜びできるからこそ、自分のヒットでペゲーロ選手が自分のことのように手を叩き喜ぶ。たったヒット1本に……。日本野球をナメてないことの表れ。だからこそファンからも愛される。松下幸之助さんの「失敗を恐れる事より、真剣でないことを恐れたほうがいい」という言葉があるが、彼らのひたむきな姿に芸人の僕が教えていただく事はたくさんある。

 さて、その後1敗はしたものの、6日はユーフォーの1人高梨雄平投手が初勝利で5勝1敗の単独首位! よっしゃー! ばんざーい! ばんざーい! ユーフォーの今後の活躍にも注目していきましょー!

 最後に、ホークス戦でデスパイネ選手のバットが嶋基宏捕手の後頭部に2度直撃し、救急搬送されたというのがありました。試合中のプレーで故意ではないのでもちろんしょうがない。しかしテレビ中継で見た工藤監督の表情が気になった。1人の選手が倒れていたのだ。敵味方なんて関係ない。あのおっちゃんの「おーい、工藤さーん、楽天ファンの気持ちもソンタクしてやぁー」そんな声が聞こえてきそうだった。

◆ ◆ ◆

※「文春野球コラム ペナントレース2017」実施中。この企画は、12人の執筆者がひいきの球団を担当し、野球コラムで戦うペナントレースです。

はてなブックマークに追加