昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

【動画つき】「酷な話かもしれませんが……がんです」
突然そう告げられたら、あなたはどうする?

『未来のことは未来の私にまかせよう 31歳で胃がんになったニュースキャスター』 (黒木奈々 著)

genre : エンタメ, 読書

 

 黒木奈々さん31歳、フリーアナウンサー。2014年4月に「国際報道2014」(NHK BS1)のメインキャスターに抜擢されて4カ月。毎日22時からの生放送出演にやっと慣れてきたところだった。
「『キャスター』は私の人生そのものなのに。努力してやっとつかんだチャンスなのに――(略)
 なんで、なんで、なんで……。急に涙があふれ出てきた」
 黒木さんは新刊『未来のことは未来の私にまかせよう』に、そう綴っている。
 その後、彼女は自ら胃がんであることを公表し、手術、抗がん剤治療と真正面から病気と闘ってきた。働く女性が、がんに倒れたとき、何を考え、悩み、選択していくのだろうか――。

◆ ◆ ◆

――突然の告知だったそうですが、それまでに自覚症状などはあったのですか?

 いいえ、いたって健康だと自分では思っていました。本にも書いたのですが、フランス留学時代の友人たちと久しぶりに会い、お店でお酒を口にしたとたん激痛に襲われたのです。救急車で運ばれ、胃潰瘍による穿孔と診断されました。7月末に1週間ほど入院した後、鹿児島の実家に帰り、しばらく休養していました。その後、番組に復帰した矢先のことでした。

――医師から直接、病名が告げられたのですか?

 8月27日のオンエアの後、母から携帯に実家に連絡するようにとのメールがあり、電話をしたところ、父から告げられました。胃潰瘍のときに取った細胞を調べたところ、悪性だとわかったのです。とても信じられませんでした。一緒に出演しているNHKの有馬キャスターが声をかけてくれたのですが、「私、がんだって」と言ったとたんに涙がとまらなくなってしまいました……。

――すぐに思い浮かんだことは何ですか?

黒木奈々氏

 仕事のことです。月曜から金曜まで毎日オンエアがあり、その日は水曜日でした。せめて週の終りの金曜日まで出演したかったのですが、「こんな事実を知ってできるのか」と父に言われ、泣く泣く翌日から休みを取ることにしました。

 小さい頃からずっと「ニュースキャスターになりたい」というのが夢だったので、やっとそれがかなったばかりの時に、なぜ私だけ?と、あまりの理不尽さに納得がいきませんでした。仕事のことばかり考えている私に、4歳上の兄が「奈々には悪いけど、仕事のことなんて俺にとってはどうでもいい。奈々が生きていてくれれば何でもいい。生きていれば何でもできるんだから」と言ったんです。それで、ハッと目が覚めたというか……。確かにそうです。仕事に執着しすぎて、まずは生きのびなければならないということを忘れていました。