昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載尾木のママで

尾木 直樹
2017/05/11

尾木ママ「鈴木奈々さんは日本の宝。彼女の生き方が教えてくれること」

イラスト 中村紋子

 ボクが尾木ママとしてバラエティに出始めた頃、番組で鈴木奈々ちゃんとよくご一緒したの。奈々ちゃんと言えば、当時おバカキャラで大ブレイク中。素顔はどんな子かなって楽しみに迎えた初共演は、奈々ちゃんがMC助手をつとめる番組。カンペを読み上げていた彼女が急に沈黙した。慌ててディレクターさんがマジックペンを出して、漢字にふりがなをふったの。キャラは作ってるんじゃないのねと妙に感心したワ。

 彼女の魅力のひとつが、一生懸命さ。収録の休憩時間にはスタッフが「ゆっくり喋って」などと細かく出す指示に、「ハイ、ハイ」と真剣に応えてる。あるときは、収録の合間に「尾木ママ、最近旦那さんが夜の営みをしてくれないの! どうしたらいい?」と超ストレートに相談されてうろたえちゃった(笑)。でも、あまりに真剣だと親身に話を聞いてあげたくなるのよね。

 サボっていたわけじゃないのに高校で九科目「1」を貰って退学になった話は有名だけど、芸能活動しながらも頑張って通信制で高卒の資格を取得。実は大変な努力家なの。

 先日、テレビ番組で久しぶりにご一緒したら、メイクが上手くなっててすごく綺麗なの! キャラが変わっちゃったの?って心配してたんだけど、わからない漢字が出てきたら、生放送中なのに何とスマホを取り出して堂々と検索。天然キャラの健在ぶりにホッと安心すると同時に、肚も据わってるんだと感心したわ。

 人の顔色を窺う文化や民族性が強い日本。“忖度”上手な子役ちゃんみると心配になっちゃう。でも、一生懸命、堂々と素のままに輝き続ける奈々ちゃんの姿は、「こういう生き方もあるんだよ」って力強く教えてくれる。多くの人を癒し元気づけるのね。「暗さ」を隠さず生きる栗原類くんが人気なのも同じ理由かも。鈴木奈々ちゃん、ずっとこのままでいてネ!