昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

松中 みなみ
2017/05/24

【ソフトバンク】「ポスト森福」ホークス嘉弥真新也という男・前編

文春野球コラム ペナントレース2017

 みなさんこんにちは、松中みなみです。

 この間、球場に取材に行ったら、川﨑宗則選手にホークス復帰後はじめて再会できて少しお話しさせて頂いたんですが、相変わらずの眼力とマシンガントークでかなり元気をもらいました! 「メジャーリーガーで俺の最高の友達がいるから、いつでも紹介するよ!」なんて、アメリカンジョークで私の結婚まで心配してくれる優しいムネリンさん。

 そんな川﨑選手にも色々とお話を伺ったので、それはまた次の機会にお届けするとして……、今回は!

 私が、今年ブレイクして欲しいなと願ってる選手の1人に直接お話を伺ってきました〜!

 その選手とは……こちら(^O^)/

嘉弥真新也投手とのツーショット写真

 背番号57☆ 6年目の嘉弥真新也投手です!

 同じ読み方の名字の加山雄三さんにあやかってチームメイトからはゆうぞーと呼ばれています。 この日も試合前練習終わりの嘉弥真投手を金子圭輔広報が「ゆうぞー!」と呼び出してくれてインタビュースタート。

「ポスト森福」として期待の中継ぎ左腕

インタビュー中の様子

 ホークスに2011年ドラフト5位で入団し、今年で28歳。昨季までの成績は、通算5年で97試合登板し、3勝3敗6ホールド0セーブ、防御率は3.60。左の中継ぎとしてプレーしています。しかし、昨季はわずか5試合の登板のみ。防御率は8.59と悔しいシーズンになりました。

 今までのホークスの左の中継ぎエースといえば、森福允彦投手。嘉弥真投手も尊敬し、目標としているそうで、グアムの自主トレにも同行する仲でした。

 そんな森福投手が今年、巨人に移籍し左の中継ぎの席が空いたこと、さらに昨オフよりスリークオーターから、森福投手と同じサイドスローに変更したこともあり、「ポスト森福」と呼ばれるようになりました。

 取材の時、最初に思った印象が“あれっ、いつもより表情が明るい!”

「今シーズン始まって、いかがですか?」と質問すると、

「今年はすごくいい感じです」←やっぱり!(^v^)♪♪

 そう、私が取材に行った時点で7試合登板して打者23人相手に、8奪三振、被安打3、四球わずか1。防御率は0.00!

 それをふまえて感触を伺うと、

「オーバースローで投げてた時は打たれるイメージがあったけど、今はそのイメージがなくなって、気持ち的にもリセットされました。森福さんがいなくなって、まだそのプレッシャーはないけど、穴を埋めなきゃという覚悟ができました」と、頼もしい答えが☆

「自分のことを気にかけてくれる優しい先輩なんです」と、なんかちょっと懐かしい感じで話してくれたのが印象的でした。

「普段、どの選手と仲良しですか?」と聞くと、

「プライベートだと寺原隼人投手。先輩だけどしゃべってて楽。野球の話は全然しない」と意外な答えが!

「あとはやっぱり岩嵜翔投手。岩嵜とは逆に野球の話ばっかりしてます」

 実はニィニィ(松中信彦)も嘉弥真投手を可愛がってたのを知ってたので、嘉弥真くんってどんな子って聞いたら、「沖縄出身だから酒が強い。あとカラオケがうまい」←やっぱりニィニィの基準はそこなんですね(笑)

 でも実は面白い人! と聞いて、さらに興味が☆