昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

鼠入 昌史
2017/06/04

『ひよっこ』でブレイク 松本穂香が明かす「青天目澄子の秘密」

松本穂香ロングインタビュー #1

 NHKの連続テレビ小説『ひよっこ』。各地から集団就職で上京してきた“金の卵”が集まる乙女寮の中でも、ひときわ個性を放つのは福島出身の15歳の女の子・青天目澄子(なばため・すみこ)だ。彼女を演じているのは、現在20歳の新進気鋭の女優、松本穂香さん。澄子役でブレイクし、今や一気に注目を集める松本さんに3回に渡ってロングインタビュー。

 1回目となる今回は、『ひよっこ』の現場の裏話や役作りの苦労話などを伺った。あらゆる方言が飛び交う現場の難しさとは!?

食べる演技も、寝る演技も、結構大変なんですよ

――松本さんが演じられている青天目澄子さん、乙女寮の中でもひときわ個性的な役どころですね。

松本 福島出身の15歳の女の子。いつもボーっとしてますよね。それであとは寝てるか食べてるか(笑)。台本を頂くたびに、どんどん食いしん坊になっていくんです。食堂での食事シーンでも、みんなが喋っていても澄子だけはとにかく食べる役回り。1食で2回はおかわりをしますからね。

 

――撮影でも実際に召し上がっているんですよね?

松本 次々に食べますからね。

――意外とハードな……。

松本 お昼休憩でももちろん何も食べないで(笑)。

――もうひとつの澄子の個性といえば“寝ること”。他のみんなが喧嘩をしていてもずっと寝ていたシーンは印象的でした。

松本 有村(架純)さん演じる主人公のみね子さんをめぐって、みんながケンカになっちゃう場面があったのですが、みね子さんが寝たふりをしながら耳をそばだてていて「起きたい……」と心の中で呟くあのシーン。澄子はあのシーンでも寝てるわけですけど、私も「起きたい」という感じでした(笑)。

――寝る演技って難しいものなんですか?

松本 寝ているだけでいいと思われるかもしれませんが、けっこう大変なんですよ。動いちゃいけないですし、それにずっと寝る演技を続けていると、不思議なものでだんだん本当に眠っちゃう。口が半開きのほうがいいかなと思ってやっていたんですけど、意識が途切れてくると口が閉じちゃうんですよ(笑)。お芝居で寝るのは結構難しいものなんだと思いました。

はてなブックマークに追加