昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

特集
ひよっこフォーエバー あの感動の作り手たちへのインタビュー大公開!

鼠入 昌史
2017/06/05

「冷凍マグロ役」だった松本穂香が『ひよっこ』で夢を叶えるまで

松本穂香ロングインタビュー #2

 NHKの連続テレビ小説『ひよっこ』。各地から集団就職で上京してきた“金の卵”が集まる乙女寮の中でも、ひときわ個性を放つのは福島出身の15歳の女の子・青天目澄子(なばため・すみこ)だ。彼女を演じているのは、現在20歳の新進気鋭の女優、松本穂香さん。澄子役でブレイクし、今や一気に注目を集める松本さんに3回に渡ってロングインタビュー。

 2回目は松本さんのデビュー前、演劇部に所属していた高校時代のお話を中心に、ドラマ『あまちゃん』や有村架純さんへの思いを語る!

 

演劇部はオタクの男の子もいて楽しそうだったから

――高校時代は演劇部だったとか。

松本 そうなんです。高1から高3までずっとやっていました。

――小さい頃から演劇、お芝居に興味があったんですか。

松本 いや、それとはちょっと違うんです(笑)。高校に入学して、最初は軽音部か演劇部かで悩んで。軽音は単純にカッコイイ。ベースに憧れてたんです。クールでカッコいいイメージがあって。ただ、実際に見学してみると軽音部は私には向いていないかなと思いました。むしろ演劇部は変わった人ばかりがいて、ものすごく興味を持ったんです。アニメオタクだったり、サバゲーにハマってる男の子だったり、いろんな人がいて楽しそうだった。そういう中にいたら、自分も何をしていたって自由だし、楽じゃないですか。

――「みんなで一緒にやろう!」と何かを強制されることもあんまりなさそう。

松本 そうです、自分が好きなものに対して、恥ずかしいと思わずに好きといえる。そういう環境がいいなと思って演劇部に入ったんです。

――その選択が運命の分岐点だったわけですね。

松本 お芝居するのはまったく初めてだったんですけど、楽しかったです。喧嘩をしたこともあったけど、そういうのも含めて(笑)。オリジナルの脚本で、演劇部の大会にも出たりしていました。デビュー作は……高1のときに孤高の歌姫みたいな役だったと思います。そう言うとなんだかミステリアスですけど、お話はかなりギャグっぽくて、テレビ番組に出たらいろんな出来事が起こるという悪ふざけみたいなものなんですけど(笑)。

――そこは関西の学校の演劇部ということで……。

松本 笑いをとりにいこうとしがちなんですよ(笑)。今振り返ると、コントのネタみたいなものばかりやっていたと思います。でも、やってみてわかりました。笑いをとるのは本当に難しい。すべってばかりでしたね。

 

出オチですよね、完全に。

――印象に残っている役は?

松本 マグちゃん。マグロの女の子です。築地から逃げてきた冷凍マグロが主役のお話で、私がそのマグロをやったんです。被り物をして、女の子なのでリボンをつけて。出オチですよね、完全に。それがとても受けたので、印象に残っています。おかげで、その後もずっと言われ続けました。校内を歩いていても、「あ、魚の子だ」って言われたり。マグロでもなくて魚なんだっていう(笑)。

――マグちゃん……なかなか振り切れた役ですね。

松本 そういうのが気持ちいいんです。私はクラスでも目立つタイプじゃなくて、手を挙げて発言することもなかった。でも、舞台では振り切って自分を出せるというか、そういう感覚があって楽しかったんです。

ひよっこフォーエバー : 記事一覧 その他特集記事