昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

ぱぷりこ
2017/06/27

安定志向な彼との結婚を親に反対されています。うまくいかない恋愛を、ぱぷりこがお焚き上げ(1)

『なぜ幸せな恋愛・結婚につながらないのか 18の妖怪女子ウォッチ』著者が筆圧高く回答します

『なぜ幸せな恋愛・結婚につながらないのか 18の妖怪女子ウォッチ』(ぱぷりこ 著)

 恋愛で不満や後悔を抱えている、妖怪女子を筆圧高く分析、『なぜ幸せな恋愛・結婚につながらないのか 18の妖怪女子ウォッチ』を書いたぱぷりこ。前回公開した記事で恋愛相談を募集したところ、「うってつけの相談がきた」とのこと。相談者の悩みを、恋愛魔窟サバイバーのぱぷりこが筆圧高くお焚き上げします!

◆◆◆

 妖怪男女ウォッチャーぱぷりこです。5月に発売された『なぜ幸せな恋愛・結婚につながらないのか 18の妖怪女子ウォッチ』の読者から相談をいただいて渾身の筆圧をこめてお焚き上げファイヤーする本企画。まさにふさわしい相談をいただきました。書籍でもだいぶ筆圧を高めたものですが、今回も筆圧がうなるうなる。

 詳細はこちらっ!

相談・安定志向な彼との結婚を、親に反対されています。親に認められて円満に結婚したい。

【フローチャートでどの妖怪女子分類に当てはまったか】

「迷走の女王」。「尊敬できる男じゃないとダメ女子」に心当たりがあります。以前は「私はあなたの信者女子」だった気がします。

【相談者&恋愛相手のプロフィール】

メイコさん:29歳。医療系。現在は仕事に邁進するバリキャリ生活。

婚約者:31歳。医療系。遠距離恋愛中。

 

 現在、結婚話が難航しています。理由は親の反対です。

 彼は、自ら閑職と呼ばれる部門を専門としてキャリアを積み上げていますが、親は「競争相手の少ない閑職に進んで安易に地位を築く生き方が気持ち悪い」「結婚するなら絶縁」と言っています。

「結婚を考えている」と彼から伝えられた時点から1年かけて親に反対されていることを伝えました。遠距離なので、直接会わずに話すと別れにつながりかねないと思い、彼のプライドを傷つけないよう会った時に慎重に話し合ったため、時間がかかってしまいました。

 話し合いの結果、「絶縁されてもされなくても私がちゃんと自立して生きていけるようにキャリアをあと3年積んでから結婚話を進めよう」となり、現在の私はバリキャリのような生活を送っています。

 もともと親は神経質だったのですが、結婚話をしてからというものますます神経質になり、数週間ほど電話をしないと「結婚に反対したことを恨んでいるんでしょう!」といきなり怒鳴られたり、繁忙期で帰りが遅い日に「そんなに仕事ができないの!」と責められたり、「あの男とまだ続いているの? 不幸になって死ぬんや!」と喚かれたり、いきなり私の家へ泊まろうとしてきたので予定がつかずに断ると「親に向かってなんてことを! 気持ちよく受け入れなければならないのよ!」と恫喝してきたり、かなり消耗しております。

 上記のセリフは父親と母親、両方から言われます。父親はハイスぺモラハラ男子を地でいくし、母親は専業主婦で私を妊娠した際に仕事を辞めさせられたそうで、現在メンヘラまっさかりで「集団ストーカーに狙われているの」という長電話がかかってきています。