昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

“100年に一人の逸材”棚橋弘至に100の質問 #1 「プーチンとシャラポワ、どっちと戦いたい?」

子育てからアントニオ猪木についてまで、すべてに答えた!

「100年に一人の逸材」。新日本プロレスのトップ選手にして、空前のプロレスブームを牽引するスター・棚橋弘至選手に、文春オンライン執筆陣と編集部から「100の質問」をぶつけるインタビューを敢行!

 IWGPインターコンチネンタル選手権で約3年2カ月ぶりに同王座への返り咲きを果たした直後、6月の雨がそぼ降る中、インタビューに応じてくれた。

◆ ◆ ◆

基本的にどこかは痛いんです

――試合直後で傷も癒えないところだと思いますが、こんな雨の日は古傷が痛みませんか? urbanseaさんからの質問です。

棚橋 天気はあんまり関係ないですね。年間130試合くらいやっているので、基本的にどこかは痛いんです。今日は首か、今日は膝か、今日は腰か……っていう。でも僕は「疲れたことがない」って明言してる手前、弱音は吐かないんですけどね。

――そんな疲れない男・棚橋選手は自分の前世は何だったと思いますか?

棚橋 ターザン。

――山本一郎さんからの質問です。「ストレスが溜まっているときや疲れているとき、休日はどう過ごされていますか? 疲れてないかもしれませんが」とのことなんですが。

棚橋 休日は子供たちと一緒に過ごすようにしています。息子とミニ四駆を作ったり、娘の習い事の送り迎えをしたり。

――9歳の娘さんを持つロシアの主夫・栗田智さんからこんな相談が棚橋さんにきています。「娘に対して父親としてどこまで厳しく接すればいいか悩んでいます。どうすればいいでしょう」。

棚橋 なるほど、主夫の方なんですね。答えになるかわかりませんが、僕の家の場合を話します。うちは夫婦で話し合って役割分担をしっかりするようにしています。僕は家にいないときも多いので、嫁がしっかりしつけて怒る係をしてくれているんです。だから、僕まで厳しくしてしまうと、子供たちの逃げ場がなくなってしまうので、それはやめるように心がけています。どっちかというと「ガス抜き係の父」ですね。

 ただ、優しくしているだけではないんです。たとえば「ママに怒られた」って甘えてくるときもあるんですけど、そこで一緒にママを否定しないようにしています。ママの怒った理由をパパとしても伝える。両親の意見が違ってしまうと、子供が迷ってしまいますから。そこは大切にしています。

 

気分で怒らないようにしようと決めている

――普段怒るイメージがないのですが、それでも一番激しく怒ったときはどんな時ですか?

棚橋 子供が姉弟喧嘩をしたときです。

――仕方なく怒るときに気をつけていることはありますか?

棚橋 気分で怒らないように気をつけています。昔、息子がいたずらで僕がトイレに入っているときに電気を消したんですよ。僕も「おい、てめぇ、コノヤロー」とかギャグっぽく返して喜ばせてたんですけど、あるとき何か考え事をしていた時に電気を消されたことがあったんですよ。それで僕「やめろっ!」とかマジで怒っちゃったことがあって。子供にしてみれば、あの時は怒られなかったのに、なんで今日は怒られたんだろうって思っちゃいますよね。同じことをしたのに、ある時は冗談で済んで、ある時は怒られてしまうと、やっていいことと悪いことの区別がつかなくなっちゃうと思うんです。だから、気分で怒らないようにしようと決めているんです。

はてなブックマークに追加