昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

芳野 友美
2017/07/25

家庭の修羅場を数々演じた再現女優・芳野友美が『帰宅恐怖症』を読んでみた

6月6日放送の「マツコの知らない世界」に出演して話題を呼んだ芳野友美さん。7月18日から始まったTBSドラマ「カンナさーん!」にレギュラー出演しているが、普段はバラエティ番組で夫婦げんかなど家庭のトラブルなどの再現ドラマに出演している。いわば、夫婦の修羅場を身を以て演じてきた芳野さんが、話題の新書『帰宅恐怖症』を読んで見つけた夫婦の立ち直り方とは?

◆ ◆ ◆

 再現女優の芳野友美です。再現女優とは、テレビのバラエティ番組などで、番組に寄せられた実在する方のエピソードを、ドラマ仕立てで演じる女優です。10年前から再現をやるようになり、過去300本以上のドラマに出演しました。6月に「マツコの知らない世界」に出演させていただいて再現女優の仕事をご紹介したのですが、普段は「行列のできる法律相談所」や「金スマ」といった番組に出演させていただいています。どれも実話が元になっているので、色んな夫婦の形を見て来ました。

芳野友美さん

 私は顔が濃いので、恐妻役はすごく多いです。ほとんどが、「てめー、コノヤロー」って怒っています。夫に「ウンチ」って書いたお弁当を持たせる妻もいれば、あらゆる手段を使って夫の携帯のロックを解除した妻と浮気夫の対決だったり、いつもケンカしています。もう結婚できないですね。「本当の夫婦って、こうなのかな」って思ってしまって。

 今回読ませていただいた『帰宅恐怖症』には、家にまっすぐ帰れない夫と妻の実例がたくさん描かれていますが、リアリティがありますね。私が演じるときは、お互いに言い合っているシーンが多いんですけど、この本では奥さんが強いケースが多い。相手が弱くなると確かに家に帰れなくなるだろうなと思います。そして、奥さんがムキになればなるほど……。これ、絶対に再現ドラマに使えますよ。スタッフさんに提出していいですか?