昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

燃え殻さんが考える“コミュニケーションの知恵”4選

「燃え殻さんに聞いてみた。」詰め合わせ #5

仕事の日報代わりに始めたTwitterで現在10万人超のフォロワーを抱える燃え殻さん。文春オンラインで連載し共感の声を集めている人生相談のコーナーより、お悩みジャンル別に回答を厳選してご紹介します。
本日は、人間関係について。悩みをどう解決していくかをときほぐしていくと、コミュニケーションを円滑にするための知恵にたどりつくことも。

1)女の人はなぜ思ってもいない褒め合いをするのでしょうか?

〈質問ダイジェスト〉
 女の人はなぜ思ってもいない褒め合いをするのでしょうか? 年齢相応ではダメなのでしょうか? また可愛いの肝となるものは何だと思いますか?(30代・女性)

〈燃え殻さんの回答は……〉
 燃え殻さんの知り合いの女の子で、メロンパンを見て「超可愛い!」と言った人がいるそうです。そして自身も“思ってもいない褒め方”をした経験から、真実を言い当てることよりも大事なことがあると語ります。

質問と燃え殻さんの回答全文を読む

* * *

2)燃え殻的「優しさにまで上下をつけないでいいように思います」の哲学

〈質問ダイジェスト〉
 周りの子たちの言う「優しい子」は、私の思う優しさとは違い、嫌いです。ですが周りの子たちは、私の思う優しい子には気づかず、わかりやすい優しさ(?)を好むようです。ぼくりりの歌う通り「お前ら全員馬鹿ばっか」なのでしょうか。それとも馬鹿なのは私の方なのでしょうか。(18歳・女性)

〈燃え殻さんの回答は……〉
 優しい、美しい、かっこいいといった感覚は、人によって感じ方はさまざま。質問者の挙げた2通りの“優しさ”を燃え殻さんはどう捉えたか?

質問と燃え殻さんの回答全文を読む

* * *

3)イラッとするツイート、あれ何なんですかね

〈質問ダイジェスト〉
 ウケ狙いのツイートが周りに散見され、なぜかイライラが止まりません。私には素直に笑えるツイートとイラッとするツイートのこの差が分かりません。燃え殻さんの考えるこの差について教えてください。(20代・男性)

〈燃え殻さんの回答は……〉
 ツイッターのウケ狙いを2通りに分解します。イラッとするのはその片方のパターンですが、それを避けるのは困難。そんなとき燃え殻さんはどう戦うか?

質問と燃え殻さんの回答全文を読む

* * *

4)燃え殻さんが考える「SNSの数少ない良いところ」

〈質問ダイジェスト〉
 小さなお店を一人で経営し、孤独感に苛まれながらもコツコツと軌道に乗せる為に精進しております。気づけば仕事、学校、すべてにおいて仲間、気がおけない人との付き合いが出来ていないと実感します。両親も早くに亡くしており相談出来る相手がいません。(40代・女性・個人事業主)

〈燃え殻さんの回答は……〉
「人間そんなに全部は無理」というのが前提のスタンス。どうしようもない孤独感を癒す最初のステップとして、SNSの数少ない良いところ、都合のいいコミュニケーションツールとしての一面をご紹介しています。

質問と燃え殻さんの回答全文を読む

* * *

「○○さんに聞いてみた。」のコーナーでは、みなさまからの質問を募集しています!

質問投稿フォーム

燃え殻さん初小説
ボクたちはみんな大人になれなかった

燃え殻(著)

新潮社
2017年6月30日 発売

購入する