昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「インターネットで言えない」オタク女子の果てしない浪費の実態 #1

『浪費図鑑』を出版した「劇団雌猫」とは?

「インターネットで言えない話」。このコンセプトがTwitterを中心にじわじわと拡散し、いま文芸同人誌「悪友」が局所的な人気をあつめている。8月10日には「vol.1 浪費」が『浪費図鑑 ―悪友たちのないしょ話―』として書籍化され、現在4万3千部となっている(9月9日付)。帯には菊地成孔氏が「信者だのお布施だの気軽に言えなくさせる真の信仰告白」と激賞コメントを寄せている。
 2016年末から全3冊が刊行されている「悪友」シリーズ。毎回10名以上の女性たちが自分の「浪費」「美意識」「恋愛」など、普段は言いにくい話について、赤裸々な匿名エッセイを寄稿してきた。アイドル、俳優、声優、同人誌、舞台、コスメ、ホスト……。結局“つながってしまう” SNSでは書けない、「愛の対象」を追いかけてお金を費やしてきた女たちの日々の戦闘記は絶妙にリアルだ。「悪友」を作るのは「劇団雌猫」の女性4人。彼女たちもそれぞれの「浪費」を繰り返しながら、ひとかどの「○○オタク」道を歩んできた。
 8月22日、「劇団雌猫」の4人は『浪費図鑑』出版記念トークイベント「浪費女の夏〜本当にあった怖い話」を開催した。渋谷・東京カルチャーカルチャーに「悪友」ファン約150人が押し寄せ、会場は異様な熱気に包まれていた……。文春オンラインではその内容を、加筆・再構成してお届けする。

◆◆◆

 

ユッケ:こんにちは。私たち、「劇団雌猫」と申します。ユッケ、かん、ひらりさ、もぐもぐの4人組です。

もぐもぐ:今日は100人以上の方がいらしているんですが、見事に女性ばかりですね。一部の男性の方、この居づらい空間に来ていただいて本当にありがとうございます(笑)。

 

ユッケ:私の浪費ジャンルは、若手俳優とジャニーズJr.。最近はとくに、「HiHi B少年(はいはいびーしょうねん)」というジャニーズJr.グループを追いかけていまして、そのなかでも那須雄登(なすゆうと)くんという人を推し(※)ています。

 HiHi B少年は、中高生のJr.10人で結成されたユニットなんですが、しばらくCDデビューがなく停滞しがちだったジャニーズJr.界隈に現れた新星ユニットで、それぞれのキャラクターのキャッチーさと若い男の子ゆえのわちゃわちゃ感、勢いのあるパフォーマンスが魅力です。

※タレントを応援すること。応援しているタレントを「推し」と呼ぶが、ジャニーズでは「担当」という言葉で呼ばれることも。

かん:かんです。よろしくお願いいたします。私はもともとハロプロが大好きで、みんなが一時モーニング娘。から離れていった頃もずっと好きだったんです。

一同:(笑)

かん:大阪出身なのですが、その後、NMB48ができた時に劇場に通うようになり、りなっち(久代梨奈)推しになりました。それからもずっと女性アイドルばっかり好きだったんですけど、今年6月に、SEVENTEEN(通称セブチ)という男性K-POPアイドルグループに落ちました。今はジョシュアっていうメンバーのことばかり考えています。よろしくお願いします。

ひらりさ:セブチはファンの年齢層が結構若くて、かんもセブチにハマったとたん2000年代生まれの子とかと交流しだしていてすごいと思った! 私たちは全員今年で28歳なんですけれど、私は今はアラサーのたしなみ……占い、美容、マッサージ、アルコールなどなどに浪費しまくっています。もともとは商業BLに数百万円つぎこんできたんですけど、だいぶ落ち着いてきたって感じですね。

ユッケ:アルコールって、別に落ち着いてないでしょ!

ひらりさ:確かに(笑)。私はここにいらっしゃる多くの浪費女のみなさんと違って、いまは「推し」がいない状態です。「浪費の勲章(※)」のような形では残らないものばかりなので、まわりを見てると羨ましいかな。

 

※劇団雌猫のイベントでは、「浪費の勲章交換BOX」が設けられ、推しへの愛のあまり複数購入してしまったグッズなどを他の人に譲ったり、自分の推しの魅力をアピールすることができるようになっている。

ユッケ:でもハイローにハマってるでしょう?

 

ひらりさ:あ、それはそうですね! LDHには昨年まで本当に関心がなかったんですけれど、「HiGH&LOW THE MOVIE」を見てから、考えが完全に変わりました。ハイローでの推しは、三代目 J Soul Brothersの登坂広臣さん演じる雨宮広斗です! ハイローを通じて現実の登坂さんにも興味を抱くようになり、フォトブックなども購入しました。彼は東京23区を離れた福生という場所の生まれで、つねに近隣に存在する米軍基地からただよってくるカルチャーの香りに憧れながら育ったんです。高校の頃は自分の彼女にちょっかいを出してきた同級生と鼻を折る折られるの大喧嘩をするようなやんちゃをしていて……。

もぐもぐ:ひらりささんがこのまま登坂広臣さんの話をしだすと長くなってしまうので、私の自己紹介にうつりますね(笑)。もぐもぐです。よろしくお願いします。

 私はエンタメ全般が好きで、興味を持ったらなんでも現場に行ってみるタイプなんです。AKB48にハマっている時期に前田敦子さんの卒業を東京ドームの現場で見て「これからAKBはどうなるんだろう……」と先人たちの例を学ぶためにジャニーズと宝塚を観始めたら、そちらの沼にも落ちて。推しがどんどん増えていって、いまは全部並行しています。

ユッケ:もぐもぐさんは、女子ドル、ジャニーズ、宝塚だけじゃなくて、将棋や水泳といったスポーツの世界にも足を運んでいるからすごいよね。

もぐもぐ:毎週違うことしてるね。最新の浪費エピソードは、新幹線で、関西まで日帰り観劇ツアーしたことです。

ひらりさ:ちなみに私たちのほうも、お客さんそれぞれの「推し」は誰なのか、何の「沼」に落ちた人たちなんだろうというのが気になってまして。配られた名札シールに自分のジャンルとか担当とかの名前を書いていただけたらうれしいです! 

ユッケ:今日ここに集まったのも何かの縁ということで、乾杯しましょうか。それでは、みんなの浪費に!

全員:乾杯~!