昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

特集
クイズです 雑学力とは何か?

不登校からの逆転“さわやかクイズ王カップル”を生んだ「桜丘高校」の秘密

三重県桜丘高校クイズカップルインタビュー#2

伝統の「高校生クイズ選手権」で “まさか”の初優勝を果たした三重県桜丘高校の高3男女ペア、木多祐太さんと中島彩(さやか)さん。ふたりはなぜ“トップエリート”の灘高・開成高校を打ち破ることができたのか? その秘密は一風変わった学校の「校風」にあった――。仲良しクイズカップルインタビュー、後編です!

“クイズカップル”の木多祐太くん(左)と中島彩さん(右)

付き合い始めたのは、高校1年生の9月の終わりくらい

――おふたりの補い合うコンビネーションが“奇跡の優勝”の理由だったことが前半のお話でよくわかりました。でも、「高校生クイズ」の番組内でもさんざんいじられてましたけど、本当に2人は付き合ってるんですか?

中島 そうですね(笑)。高校1年の7月にふたりで初めて高校生クイズに出て、9月の終わりくらいだったと思います、付き合い始めたのは。

――どっちから?

木多 いや、どっちからでもないですね(笑)。

中島 なんかこう、クイズを教えてくれる同級生は木多くんしかいなかったので、そこから仲良くなったという感じです。でもクイズしてるときは、ただのクイズ研究部員同士です。

木多 ただの(笑)。

 

――この流れの勢いで聞きますけど、お互いどこが好きなんですか?

中島 そうですね……、私はものすごい緊張するタイプなんです、何事においても。それで割と消極的なタイプなんですけど、木多くんは突き進んでいくタイプなんですよね。「いや、なんとかなるでしょ」「いけるいける」みたいなところが多くて(笑)。で、クイズでもそうなんですけど、実際、木多くんについて行ったらうまくいくことが多くて、だから好きというか、助けられてるという感じが強いのかな。

木多 僕はあんまり緊張感がないんですよね。

中島 そこがいいとこ。

――木多くんは、中島さんのどんなところが……。

木多 そうですね、なんか僕の突っ走っちゃうところを止めてくれるとこかな。あのままだったらやばかったな、みたいなこともあるので。宿題とかでも、明日やればいいでしょって思っていたら中島さんに怒られて。あれは助けられたなって思います。

中島 ああいうのはちょっとね(笑)。

 
はてなブックマークに追加