昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

池上 彰
2017/10/17

池上さん、Jアラートは必要以上に国民の危機感をあおっていませんか?

池上さんに聞いてみた。

genre : ニュース, 政治

Q Jアラートは、必要以上に国民の危機感を醸成していませんか?

 北朝鮮からミサイルが発射されると、最近はJアラートが鳴ります。はっきり言って、これは国民に危機感を醸成し、日本の軍事力を強化するための「政府の煽り行為」としか思えないのですが、邪推でしょうか。(60代・男性・無職)

A テレビ各局が緊急放送に切り替え、延々と同じ内容を繰り返すのはやりすぎだと思います。

 北朝鮮からミサイルが発射されたら、どこに落ちるかわからないので、政府としてJアラートで警告するのは仕方のないことだと思います。国民の命を守る使命があるからです。

©iStock.com

 しかし、いったんJアラートが鳴ると、テレビ各局が緊急放送に切り替え、延々と同じ内容を繰り返すのはやりすぎだと思います。とっくに日本の上空を飛び越えているのに、警告を繰り返しているからです。

 Jアラートが鳴ったら緊急放送に切り替えるけれど、日本列島を飛び越えたことが判明したら、「詳しいことは、この後の通常のニュースの中でお伝えします」と言って、通常番組に切り替えればいいのだと思いますよ。

 政府がJアラートを鳴らしたとて、それをどう扱うかは各マスコミの判断なのですから。

「○○さんに聞いてみた。」のコーナーでは、みなさまからの質問を募集しています!

質問投稿フォーム