昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載この人のスケジュール表

ウォン・カーウァイが映画化権獲得 香港発の警察小説『13・67』が世界へ

陳浩基――この人のスケジュール表

 

 世界12カ国で翻訳され、ウォン・カーウァイが映画化権を獲得した話題作『13・67』の著者・陳浩基さんと、日本の警察小説の第一人者・横山秀夫さんとの顔合わせが実現する。11月4日、香港国際文学フェスティバルにて、スコットランドの作家イアン・ランキンさんも交えて豪華なトークショーが開催されるのだ。

「今回、地元のミステリー作家としてイベントに参加できるのが何よりの喜びです。香港や台湾、中国でもミステリー小説は人気ですが、読まれるのはもっぱら日本や欧米の翻訳作品ばかり。自前の作家はまだ育っていませんから」

 陳さんは2011年、華文(中国語)ミステリーの新人賞「島田荘司推理小説賞」を受賞して、プロ作家の道へ。

 日本のミステリーに精通する陳さんは、今回『13・67』を執筆するにあたって横山作品からヒントを得たという。

「作品の構想を練っているときに、以前読んだ『第三の時効』を思い出しました。F県警捜査一課の各班が事件を捜査する短篇を読み進めることで、捜査一課全体のありようを鮮やかに思い描くことができる。これを参考に長篇小説のスタイルをやめ、1話ごとに年代を遡っていく逆年代記形式の連作小説にしたのです」

INFORMATION

小説『13・67』
小社刊。香港国際文学フェスティバルは11月3~12日に開催

13・67

陳 浩基(著),天野 健太郎(翻訳)

文藝春秋
2017年9月30日 発売

購入する