昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

池上 彰
2017/12/26

池上さん、#MeTooで加熱するセクハラ告発をどう思いますか?

池上さんに聞いてみた。

Q セクハラ告発ムーブメント、どう見ていますか?

 #MeTooというツイッターのハッシュタグが盛り上がるなど、アメリカ発のセクハラ告発が相次いでいます。もちろんセクハラは責められるべきことですが、ちょっとヒステリックな運動にも見えるような……。ロイ・ムーア、トランプ、ワインスタインなどの報道を見ると、かなり昔の事件も含まれているようです。この“セクハラ告発ムーブメント”を池上さんはどう見ていますか?(40代・男性・会社員)

A 「かなり昔の事件」といいますが、ようやく証言できるようになったということです。

 長年、我慢を強いられてきた女性たちが、一連の動きを見て、声を上げるようになったのだと思います。

 イギリスでも議員からセクハラを受けてきた女性たちが次々に声を上げ、国防大臣が辞任するまでになっています。

©iStock.com

 日本でも著名なブロガーのはあちゅうさんが、電通社員時代のセクハラ、パワハラを証言しました。一連の#MeTooの動きがきっかけだったと語っています。

「かなり昔の事件」といいますが、それを今になってようやく証言できるようになったということです。ずっと悩み続けたり、声に出すことができなかったりしたのでしょう。女性にとって辛い経験だったのです。

「○○さんに聞いてみた。」のコーナーでは、みなさまからの質問を募集しています!

質問投稿フォーム