昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

井手隊長
2018/01/05

プロ野球ファン必見! 球場近隣の美味しいラーメン屋(セ・リーグ編)

文春野球コラム ウィンターリーグ2017

 今まで毎週ラーメンについての記事を書いてきたが、野球に関する原稿の依頼が来たのは初めてで困惑している。ライターとしてはラーメン専門でやらせていただいているものの、プロ野球も大好きで、小学1年の時に清原の活躍を見てしまって以来、30年来の西武ファンになってしまった。

 文春野球の記事ということでどんな依頼だろう、と思って蓋を開けてみればやはりラーメンの原稿依頼だった(笑)。「ラーメンと野球を井手隊長ならではの切り口でお願いします」というざっくりとした依頼。

 確かにラーメン好きとしては野球を見た後も当然ラーメンが食べたくなる。すんなり行く店が決まる場所もあれば、全然行く店がなくて困る場所もある。というわけで今回はラーメン好きのプロ野球ファンのために、球場近隣の美味しいラーメン屋さんを紹介したい。

 今回はセ・リーグ編。全国5万件以上のラーメン店の登録がある「ラーメンデータベース」さんのご協力で、球場の中心付近からおよそ半径1.1km程度の範囲にあるラーメン店を抽出し、口コミレビューの特点をもとに独自の採点でお店の得点の合計を算出した。

 球団別の順位を見てみよう。

1位:DeNA  19590.8点
2位:巨人  8554.72点
3位:ヤクルト 1835.16点
4位:広島  637.08点
5位:中日  426.39点
6位:阪神  207.96点   (2017年12月27日現在)

ハマスタ近辺で試合後に行ける店

 堂々の1位はDeNA。関内、野毛エリアがだんだんと激戦区化している中で、近くには中華街もあり、お店の数は圧倒的だ。ただ、閉店時間が早いお店が多いのもネック。名店といわれるお店は軒並み22時前には閉めてしまうので、試合後行くのはなかなか厳しい。大のラーメン好きで知られる阪神のメッセンジャーが、一番好きな店として横浜の「吉村家」を挙げているが、こちらも22時まで営業。おそらくオフの日に行っているのだろう。試合後も行けるお店としては下記の2軒をピックアップしておきたい。

新福菜館 伊勢佐木町店
神奈川県横浜市中区伊勢佐木町2-60 オリエンタル共同ビル1F
11:00〜23:00
定休日 水曜

 通し営業で23時までやっているというありがたいお店なので、試合前でも試合後でもOK。ここは京都で有名な行列の絶えない名店。真っ黒なスープの中華そばに真っ黒なヤキメシ。中毒性もバッチリで、お酒を飲みながらでも楽しめる名店だ。

 「新福菜館」の中華そば
 「新福菜館」のヤキメシ

 

濃厚煮干しそば 麺匠 濱星
神奈川県横浜市中区弁天通2-28 ライオンズマンション関内
[平日・祝] 11:00〜24:00 [土] 11:00〜21:00
定休日 日曜

 平日は何と24時まで営業というありがたいお店。野毛の「ブッチャーズグリル」という肉屋さんがやっているラーメン店。濃厚鶏白湯に煮干しを合わせた濃厚煮干しそばが自慢。鶏もそこまで主張せず、塩もそこまで強くせず、麺も少し柔らかめに茹でてうまくまとめてあって美味しい! 肉屋がやっているだけあり、ホエー豚のチャーシューも美味しい。

 「濃厚煮干しそば 麺匠 濱星」の濃厚煮干しそば

この記事の画像