昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「妊婦風俗嬢」が私に明かした本音と涙の理由

「でも、こうでもしないと、生活できないんですよ……」

2018/01/14

「わたしだって、本当はこんなことしたくないですよ……」

 28歳のリカ(仮名、以下同)は、取材の最中に突然そう口にすると、ポロポロと涙をこぼした。黒髪の清楚な顔立ちの彼女が着るインナーの腹部は、そこだけが目立ってぽっこりと膨らんでいる。

 妊娠7カ月の彼女は、1カ月前から都内の風俗店で働き始めた妊婦の風俗嬢だ。在籍する店は“妊婦”と、出産間もない“母乳ママ”を専門に扱っているデリヘルで、本番行為こそないが、それ以外のほとんどの性的サービスが行われている。

「この仕事への罪悪感はありますか?」

「戦場から風俗まで」というキャッチフレーズで国際紛争、大規模自然災害、殺人事件、風俗業界の取材を行ってきた私は、これまで20年以上、毎週1人の割合で風俗嬢の取材を続けている。リカへの取材もそのひとつで、店側には宣伝になるというメリットがあるからこそ実現したインタビューだった。

 聞き手である私が「この仕事への罪悪感はありますか?」との質問を投げかけたとき、これが初めての風俗勤務だという彼女の涙腺は決壊した。涙をぬぐいながらリカは続ける。

「でも、こうでもしないと、生活できないんですよ。うちの夫はまだ若いし、彼の給料だけじゃやっていけないし……」

©iStock.com

 会社勤めの夫は3歳年下。入社年度が浅いこともあり、月給は手取りで20万円に届かず、派遣社員として販売員の仕事をしていたリカとの共稼ぎで、なんとか生活をやりくりしていたのだという。

「私も妊娠4カ月くらいまでは職場に隠して働いてました。だけどだんだんお腹が目立つようになってきたので、派遣会社に報告したんですね。そうしたら次の契約を打ち切られてしまったんです」

 それから妊娠していても働ける仕事を探したが、容易には見つからない。このままでは生活が破たんしてしまうと焦るリカに対して、ゆいいつ門戸が開かれていたのが、風俗店での仕事だったのだ。

「まさか自分が風俗の仕事をするなんて、これまで一度も考えたことはありませんでした。でも、背に腹は代えられないじゃないですか。迷いに迷ったすえ、知り合いに風俗をやってる子がいたんで、彼女に相談して、どうやってやればいいのかアドバイスを受けながら始めました」

 その知人が教えてくれたのは、「とにかくおカネのための仕事だと割り切って、なにも考えないこと」だった。

「あと、お客さんからいろいろ聞かれても、『あはは、よくわかんないです~』って、馬鹿な子のふりをして、とぼけろとも言われました。それで、夫にはチャットレディの仕事が見つかったと嘘をついて、働き始めたんです。電話で話をする仕事だから、勤務中は携帯がつながらないと説明できるし……」

 とはいえ、この仕事を始めるまでの男性経験は夫を含めて3人で、すべて付き合った相手だというリカにとって、見も知らぬ相手との性的なかかわりは、苦痛以外の何物でもなかったようだ。

「私ってすごく恥ずかしがりなんですね。だから見知らぬ相手の前で服を脱ぐだけでも、かなりの思い切りが必要でした。でも、仕事だからと自分に言い聞かせて耐えました。ただ、もう一つ辛いことがあって……」

 そこで彼女は、先の涙を流した質問についてみずから触れた。

「もう、夫に対する罪悪感がすごいんです。それに関しては、仕事をしてるあいだじゅう感じてますね」

この記事の画像