昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

プロポーズ直前、箱根の温泉で知った「がんの疑いあり」――はんにゃ川島、腎臓がんを語る#1

はんにゃ・川島章良インタビュー #1

2018/03/06

 32歳で腎臓がんと診断されたお笑い芸人「はんにゃ」の川島章良さん。当時つきあっていた彼女にプロポーズしようと思ったタイミングで「がんの疑いがある」と言われた時の衝撃は、どんなものだったのでしょうか。今だから話せる、コンビの危機についても胸中を明かしてくれました(前後編インタビュー。#2に続きます)。

「はんにゃ」の川島章良さん

箱根の温泉で知らされた「腎臓がんの疑い」

──結婚前の健康診断でがんが見つかったそうですが、検診は定期的に受けていたんですか?

川島 いや、まったく受けてないです。子どもが生まれるのもあって「結婚前に1回受けてみれば?」と彼女に言われて、受けることにしたんですよね。「お腹ぽっこり出てるし、コレステロールや糖尿病はチェックされるかもな〜」なんて、ほんと軽いノリでした。

 

──がんの疑いがあると言われたのは、プロポーズするために、箱根の温泉に行かれていた時だったんですよね。

川島 はい。ちょうどサプライズでプロポーズするために彼女と強羅の温泉旅館に行っていた時でした。病院から電話が来て「検診の結果、腎臓がんの疑いがある」と言われました。

──対面ではなく、電話なんですね。

川島 「検査結果を伝えたいので、ご両親とマネージャーさんも一緒にきてください」と最初言われたんですけど、それって、テレビとかでよく聞くセリフじゃないですか。「なんかやべえんじゃないか、こんなの聞いたらプロポーズどころじゃない」と思って、「今、結果教えてもらえませんか」って頼んだんです。そしたら、まだ100パーセントとは言えないけれど、腎臓がんの疑いがあると言われました。