昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

デタラメ!ポンコツ! “底抜け政権”に怒りまくる「日刊ゲンダイ」用語の基礎知識

疑惑の全部乗せに、激しすぎる見出しの数々

2018/04/13

 朝日新聞が「面会記録に『首相案件』」とまたもスクープを放ってきた(4月10日)。

 森友、防衛省日報問題にあらためて加計学園も加わった。ラーメンで言えば全部乗せである。疑惑こってり。

疑惑こってりスクープ 4月10日朝日新聞朝刊

 日刊ゲンダイは「何から何まで『底』が抜けた国の無残」と1面に書いた。怒って嘆いてぶった切る。

「毎日怒ってるおじさん」の檄文的な言葉

 私はゲンダイを擬人化すると「毎日怒ってるおじさん」だと思うのです。

 その独特で強烈な言葉遣いには中毒性がある。拙著『芸人式新聞の読み方』で「ゲンダイ用語の基礎知識」という項目を書いたほどだ。

 たとえば「赤っ恥」。

 用例としては

「河野外相の赤っ恥『北が次の核実験用意』発言は根拠なし」(4月3日)

「激しい応酬で完敗 前川氏に“倍返し”された菅長官の赤っ恥」(2017年7月11日)

「国の無残」と、“首相案件”にも怒り心頭の「ゲンダイ」

 続いて「笑止千万」。

「笑止千万 ハレンチ大臣『美学』 辞任の薄汚い裏側と今後」(2016年1月29日)

 立て看板か檄文にしたいほどのリズム。

この記事の画像