昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

辻田 真佐憲
2018/05/06

泥酔確実? 明治150年記念 明治天皇の晩酌を再現する

謎の料理「鶏酒」とはいったい何か?

 明治天皇はたいへんな酒好きだった。しかも、けっこう面倒くさい酔い方をするタイプだった。

 そばに控える侍従に「お前は幼名を勇麿と云つた。其名に対しても酒位飲めぬことはない。是非飲め」と絡み、夜更けまでシャンパンを2本空けて酩酊し転倒することもあった。

これはたしかに泥酔不可避

 明治天皇は、酔っ払うと口元が歪み、話がもつれ、足元がおぼつかなくなった。こうなると侍従たちは、「今日は大変だ」「一寸始末に困る」と頭を抱えなければならなかった。

 明治150年の今年、まことに味わうべきエピソードの数々である。

明治神宮の清酒菰樽

 いったい明治天皇はどんな飲み方をしていたのだろうか。今回さまざまな証言をもとに明治天皇の晩酌を再現してみた。すると、これはたしかに泥酔不可避の代物だった――。

この記事の画像