昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2018/05/28

パソ通を16年休業し、復活させた人

 ここで、もう一つの現役パソコン通信ホスト「はんぞーBBS(https://www.hanzou.jp/hanzoubbs/)」のはんぞーさん(40歳・SIer=システムインテグレーション業)に話を聞いた。1995年~1997年9月にホストを行い、16年もの長い休業期間を経て、2013年から再スタートした。

「復活のための準備は、1年半以上もかかりました。再オープン時には知人に宣伝したものの、5年経っていまだ誰もアクセスしてくれません(笑)。95~97年時に比べ、相当アクセス数は落ちていますね。ましてやリピーターは激減しました」

文字で「はんぞー」のロゴを表現したトップ画面。

 ボードになかなか新しい書き込みがされない中、比較的更新が多いのは最後の「たわごと」で、常に新たな書き込みがされている。パソコン通信は、ログアウト時に短文で軽くコミュニケーションを取る文化もあったのだ。

ログアウト前、気軽に参加できる「たわごと」

「パソコン通信ホストは『DASH島』のようなものです」

「インターネットに比べ、パソコン通信はクローズドな世界です。SYSOPを筆頭に投稿の管理や監視が行われていて、無法地帯なインターネットに比べてモラルは高かった。また荒らしを防止するために『要注意リスト』もホストの間で出回っていたそうです」

「パソ通では、2ちゃんねる以上に制約がある中で工夫されたアスキーアート文化もありました。そんな『テキスト文字だけでやり取りしていた時代の文化』を廃れさせないためにも、数少ないホストとして頑張ります。できれば死ぬまで維持しようと思っています。また人が集まったら、オフ会もやりたいので……」

2ちゃんねるより前に、アスキーアート文化があった

「死ぬまで続ける」と口をそろえたお2人。そして先ほどの山田さんに「なぜ続けるのか?」を問うと、ポツリと返ってきた言葉がある。

「パソコン通信ホストは『DASH島』のようなものです。無人島で、トロッコの線路を敷いたり、水を引いたり、レンガを焼いたり、いろいろ工夫して狙い通りに動くのが面白いのであって、それができたから、どうなんだ? とかは考えておりません。といいますか、それを聞いてはいけません。おおよそ人間のすることに大した意味などないのであって、ましてや興味のない方は、意味なんか感じなくて当然です」

この記事の画像