昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

ぼくのママはオムライスにケチャップで“5”ってかくの

文春野球コラム ペナントレース2018

2018/06/15

「はい、こども電話そうだん室です。こんにちは」

「あの……ママが」

「ママがどうしたの?」

「ママが……ずっとげんきがないんです」

「ママ、具合が悪いの?」

「ううん、げんきだけど、げんきがないの」

「そうなのか。きみは何歳かな?」

「5さい。もうすぐ6さいになります」

「えらいな。ママのことが心配なんだね」

「うん、だってもうずっとわらってないんだ、ママ」

「いつもは笑ってるのかな?」

「うん。ママはぼくがピーマンたべたときと、あと……」

「あと?」

「くらもとがヒットをうつとわらいます」

「くらもと?」

「ベイスターズのせんしゅです」

「ママは野球がすきなんだね」

「うん。ママはベイスターズのくらもとせんしゅがすきなの。だからぼくもくらもとせんしゅがすき」

「そうか。おじさんも野球がすきだよ。どこのチームがすきというのではないけどね」

「ママはいつもピーマンがはいったオムライスにケチャップで『5』ってかくの。『ピーマンがたべられるおまじないだよ』って」

ケチャップで「5」と書かれたオムライス ©西澤千央

「美味しそうだ」

「でもママはもう『5』ってかいてくれないんだ。かっとばせ~みせろおとこいき~のうたもうたわないの」

ママが元気になるために

「きみは、どうしたらママが元気になると思う?」

「ぼくもっとピーマンたべるよ」

「そうだね。ピーマンはからだにいいよ。きみが大きくなるのに大切な食べ物だ」

「でも、ぼくがピーマンをたべるだけじゃダメなんだ」

「倉本選手はヒットを打ってないの?」

「ママはいつもテレビのまえで『くらもと~~がんばれ~~』っていうの」

「うん」

「だけどママ、いまテレビをみても『くらもと~~』っていわないの。テレビにくらもとがでないの」

「そうか」

「テレビのまえでいっしょうけんめいおおきなこえをだしたら、くらもとせんしゅにきこえますか?」

「そうだね。聞こえると思う」

「ぼくおおきなこえでがんばれっていいます」

「それはね、『応援』っていうんだよ」

「おうえん」

「おじさんもね、昔少しだけ野球をやっていたことがあるんだ」

「わあすごい。くらもとだ!」

「バッターボックスに立つとね、『がんばれー』って声が聞こえてくる。でもそれがつらいときもあった」

「おうえんが?」

「いつでもヒットを打ちたいけど、打てないときもあるんだ。『がんばれ~』って言われているのに、がんばれないときもある」

「あ、ぼくも」

「どうしたの?」