昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

センターを飾るのは誰だ!? AKB選抜総選挙、今年の“みどころ”教えます

「今年は珠理奈に勝ってほしい」2つの理由とは

2018/06/14

 AKB48のシングル曲を歌うメンバーをファン投票で選ぶ選抜総選挙の季節が、今年もやって来た。今年は「世界選抜総選挙」と銘打ち、AKB48およびSKE48(名古屋)、NMB48(大阪)、HKT48(福岡)、NGT48(新潟)、STU48(瀬戸内)の国内の姉妹グループだけでなく、タイのBNK48、台湾のTPE48からも初めてメンバーが立候補し、今週の土曜(6月16日)には開票イベントがナゴヤドームで開催される。

公式サイトより

速報ではNGT荻野由佳が1位に

 昨年の選抜総選挙で3連覇を達成した指原莉乃は参加せず、2位の渡辺麻友もすでに卒業した今回、はたして誰が頂点に立つのか? 投票開始前よりSKEの松井珠理奈(昨年3位)とHKTの宮脇咲良(昨年4位)の下馬評が高かったが、投票開始2日目の先月30日に発表された速報では、NGTの荻野由佳が昨年に続き1位(昨年は最終的に5位)となり、三つ巴の争いが予想されている。いや、この3人以外にも有力なメンバーは目白押しで、誰が1位になってもおかしくない状況ではある。ひょっとすると海外のグループからも上位に入るメンバーが出てくるかもしれない。

速報結果 公式サイトより

一ファンとして、今年の総選挙に思うこと

2012年第4回総選挙のときの松井珠理奈 ©文藝春秋

 愛知在住で、これまでライターとして、それ以前にファンとして地元のSKEを中心にAKB48グループを追いかけてきた者としては、ナゴヤドーム開催は感慨深いものがある。そんな私が今年、もっとも注目しているのはやはり松井珠理奈だ。地元での開票イベントの開催、そしてSKEの結成10周年を迎えるタイミングとも重なり、1位への期待はいやがうえにも高まる。

 もっとも、正直にいえば、私はかなり最近まで珠理奈のことがどちらかといえば苦手だった。それは、デビュー時からセンターを務めていた珠理奈を、積極的に推す気が起きなかったからというのもあるし、彼女のセンターへのこだわりや上昇志向が、屈折したサブカル人間の自分にはあまりにもまぶしく、まっすぐすぎたせいでもある。

 しかし、今年の総選挙は珠理奈にぜひ1位になってもらいたいという思いが、ナゴヤドーム開催が決まったときからふつふつと湧いてきた。以下、その理由を説明したい。