昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

大久保嘉人が語る「日本代表とW杯、難しくて楽しい場所の舞台裏」

増島みどり×大久保嘉人 『日本代表を、生きる。 「6月の軌跡」の20年後を追って』出版記念対談

 自身2度のW杯を経験し、現在川崎フロンターレで活躍する大久保嘉人と、W杯取材経験豊富なスポーツライターの増島みどり氏。ふたりが知るW杯の舞台裏、そしてロシアW杯を戦う日本代表に期待することとは――。1998年フランスW杯に出場した選手、スタッフにあらためて取材した増島氏の新刊『日本代表を、生きる。』の出版を記念して行われた、トークイベントの模様をお届けします。

©文藝春秋

◆ ◆ ◆

国見中3年、下宿で観たジョホールバルのイラン戦

増島みどり 実は本日(6月9日)は大久保選手の36歳の誕生日なんですが、自分が登場しない本のイベントにゲストとしてお越しいただきました(笑)

 本当にありがとうございます。

大久保嘉人 とんでもないです。こちらこそ、本にはレジェンドたちが登場しているなかで僕なんかでいいのかなって思っています。

増島 初めて嘉人選手にお会いしたのはセレッソ大阪に入団したころだったと思います。とにかく“ヤンチャ”な印象でした。覚えている?

大久保 覚えています覚えています。ヤバいですね。恥ずかしい。

増島 今回の本は1997年のアジア最終予選ジョホールバルから翌98年のW杯本戦までについて、当時の選手、監督、関係者に20年後の現在再度取材したものなのですが、嘉人選手にとっても彼らは大先輩というよりもレジェンドという存在ですか。

大久保 もちろんですね。当時僕は国見中学3年で、下宿でジョホールバルのイラン戦をテレビ観戦していました。W杯の出場が決まった瞬間は叫びながら仲間と走り回りましたね。テレビの向こうで岡野さん(岡野雅行選手)が走っていたので、真似していました。

 本戦のアルゼンチン戦のときは国見高校1年で、鹿児島に遠征していました。その日の練習試合の前に監督から「負けたらW杯は見せない」と言われて、もう死ぬ気で勝ちにいきました(笑)。

©JMPA

増島 無事見ることはできたの?

大久保 見れました。そのときは本当に一サッカーファン、一日本人として純粋に応援していましたね。もうただただ日本頑張れ!という思いが込み上げていた。

憧れの森島さん、第一印象は「ちっさ!」

増島 まだ日本がW杯に出場する前の当時、何を夢にサッカーをしていました? 日本代表やW杯出場は意識していましたか?

大久保 プロ選手になりたいという目標はありましたが、代表やW杯はまったく考えていなかった。確かにW杯出場が決まったときにプレイしてみたいとは思いましたが、すぐに絶対に無理だと諦めていました。

増島 本著ではタイトルを『日本代表になる』とか『日本代表に選ばれる』ではなく、『日本代表を、生きる。』と付けました。嘉人選手にとってこのなかで取り上げた選手のなかで特に印象にあるのはどなたですか?

大久保 まずは森島さん(森島寛晃選手)ですね。当時から憧れがあって、セレッソ大阪に入ったのは一緒にプレイしたかったからです。

増島 初めてお会いした時は感動というか、感慨深いものだった?

大久保 うーん。僕はテレビでしか見たことがなかったので、第一印象は「ちっさ!」と思いました(笑)。俺とあんまり身長が変わらない、俺もこんな選手になれるかもって感じましたね。

増島 森島選手は背も低くて腰も低いで有名ですね。とても丁寧でやさしい方ですがチームメイトの嘉人選手から見てもそうでしたか?

大久保 そうですね。普段はとてもやさしかったです。ただ、練習のときは一番汚かった(笑)。負けず嫌いなんですよ。ボールが取られたらファールしてでも奪い返す、どこまででも走って追いかける、そういう感じです。僕は、いいなと思ったプレイはすぐに真似をしました。イメージだけでは忘れてしまうんです。とにかく身体に覚えさせないと。

 憧れもあったし、それを自分のものにしたかった。同じように身長が低くても果敢にプレイする森島さんは等身大の目標だったかもしれない。