昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

“伝説の応援団長”ジントシオが、奈良大附属の応援歌を作るまで

文春野球コラム ペナントレース2018

 2018シーズン、楽天イーグルスの応援はもっと熱く、もっと楽しく、もっとパワフルに進化するをコンセプトに応援プロデュースチームを結成した。

 球団・私設応援団有志メンバーが一体となり応援をプロデュースするのだが、そのメンバーの一人に千葉ロッテマリーンズの応援団長の経歴をもつジントシオさんが加わった。

 キャッチーなフレーズに一度聞いたら忘れられないワクワクさせるメロディー。

 ジンさんと言えばプロ野球のみならず、千葉ロッテマリーンズの応援をやってみたいという高校にはどんどん楽譜を無償提供し、今では甲子園に高校野球を観に行けば千葉ロッテマリーンズの応援歌を聞かない日はない。

甲子園で鳴り響く「雨高」の応援歌

 実はそんなジンさんが今年「アメトーーク!」の高校野球大好き芸人の企画で雨高の応援歌を作ってくれたんです。

 そもそも番組打ち合わせの時に僕自身が応援歌を作れたらと言い出した事がきっかけだったのでそれを形にしてくださった事が非常に嬉しかった。そして現在行われている第100回全国高等学校野球選手権記念大会で北照、鹿児島実業、創志学園などが既に甲子園で演奏してくれ、実際アルプススタンドで流れるメロディーを耳にした瞬間は、感動というよりも嬉しさのあまり逆に静かに噛みしめる自分がいました。受験の合格、ここ一番の仕事がうまくいった時に似ているかもしれない。ずーっと心の奥で嬉しいのだ。

 ただ今回ジンさんが手掛けた楽曲はそれだけではない。これは誰も知らない応援歌のお話。20日ほど前になるだろうか、7月も後半に差しかかったある日、雨高の応援歌を作ってくださった事や楽天のつながりもあり、ジンさんから初めて連絡をいただいた。

「奈良大附属に楽譜を送ってあげたいのですがかみじょうさんなら知り合いはいませんか?」

 どうやら高校野球奈良大会で奈良大附属がジンさんの曲を使っていたが耳コピで演奏していたため少し違う感じになっていたようだ。偶然にも僕が奈良大会のダイジェスト番組をやっていた事もあり、知り合いの方に協力してもらいなんとか楽譜を渡す事ができた。そしてあれよあれよで奈良大附属は決勝戦まで勝ち上がる。決勝の日、スタンドに顔を出した僕に吹奏楽部の方が声をかけてくれた。

「お陰様で正確な曲が決勝で演奏できてますっ。ありがとうございます!」

 僕は何もしてないのだが……。