昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

アンジャッシュ児嶋が明かす「コンビ解散を決めたあの日の夜」――2018上半期BEST5

“テレビっ子”児嶋一哉インタビュー #1

2018年上半期、文春オンラインで反響の大きかった記事ベスト5を発表します。インタビュー部門の第3位は、こちら!(初公開日:2018年4月22日)。

*  *  *

結成25年のアンジャッシュ。児嶋一哉さんが「相方・渡部建」のこと、「先輩・くりぃむしちゅー」のこと、そして危機を救ってくれた恩人のことを語ります。テレビっ子インタビュー、聞き手はてれびのスキマさんです。(全3回/#2#3に続く)

 

『ボキャブラ』ブームにギリギリ乗っからせてもらってたコンビ初期

―― アンジャッシュさんは『ボキャブラ天国』、『爆笑オンエアバトル』、『エンタの神様』と、90年代、2000年代のお笑いブームを担った番組に出演し続けてこられました。まずは『ボキャブラ天国』の頃を振り返ってみると、どんなことを思い出しますか。

児嶋 『ボキャブラ』はコンビになってから3年目とかの頃で、僕らはあのブームにギリギリ乗っからせてもらってた印象なんですよ。何の活躍もしてないし。とにかく先輩のすごさを目の当たりにしてただけですね。本当に何もできなかった。

 

―― 先輩のすごさというと、たとえば……。

児嶋 例えば海砂利水魚さん。今でこそ有田(哲平)さんはインパクトを残すタイプかもしれないけど、大勢の若手芸人の中で目立つコンビではなかったはずなんです。だけど、確実に笑いをとって結果を残している。それがスゲーなと思いましたね。僕らはふわふわとして何もできないまま終わってしまうから、いつも消化不良でした。

結成前のネプチューンと戦っていた『アーバン寄席』

―― 芸人としての駆け出しは、ライブ出演からだったんですよね?

児嶋 事務所の先輩、ブッチャーブラザーズさんが主催してた『アーバン寄席』っていうのがあるんですけど、それが僕らの初舞台です。新人コーナーがあって、そこで2回優勝したら「1本ネタ」をステージでかけることができた。その1本ネタがその月で一番良かった人には、高信太郎さんが「高信太郎賞」をくれる。

 

―― 漫画家で芸能評論家の高さん。

児嶋 そうです。受賞者の絵を描いてくれるんですけど、それを目指して頑張ってましたね。くりぃむしちゅー……当時の海砂利水魚とか、ネプチューン結成前の名倉(潤)さんがいたジュンカッツと、堀内(健)さんと原田(泰造)さんのコンビ・フローレンスとかが相手ですから。なかなかのメンバーでしたね。

―― 当時は児嶋さんがコントの台本を作られていたんですか。

児嶋 最初の最初はそうでしたけど、すぐにふたりで作るようになりました。それである程度経ったら作家さんとかも入って。今はもう渡部中心ですよね。