昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

サメたちはなぜ、4億年もの“超長期政権”を維持できたのか?

恐竜時代も生き抜いた「海の人気者」の知られざる歴史

2018/08/15

genre : 歴史, 教育, 読書

 海の生き物のなかでも、ひときわ人気の高いサメ。 

 そのサメの仲間が、じつは約4億年以上も前から存在していたことをご存知でしょうか? 

 約4億年前というのは恐竜ですらまだ姿もかたちもない時代です。そんな時代に現れたサメの仲間は、海の覇権争いでごく初期から主役を演じてきたのです。 

 サメの仲間の歴史を知ることは、海の生命の歴史を知ることです。

 ここでは、100点以上のカラーイラスト&写真で海の生物史を徹底的に解説した新刊『海洋生命5億年史 サメ帝国の逆襲』の内容に沿って、サメの仲間たちの物語をかいつまんでご紹介していきましょう。 

◆◆◆

①「4億年間の超長期政権」のはじまり、“初期のサメ”

 現在の海には、300種を大きく超えるサメがいます。

「現在の海」の“トッププレデター”、ホホジロザメ、全長は6mほど(画像はすべて『海洋生命5億年史』より)

 その祖先をたどっていくと、行き着く時代があります。今から約4億1900万年前から約3億5900万年前の「デボン紀」です。いわゆる「恐竜時代」に先立つこと1億年以上の時代です。

 デボン紀は、“特別な時代”です。

 サメだけではありません。サメを含む魚の仲間全体、いや、すべての脊椎動物にとって、「デボン紀は、特別」であると言っても過言ではないでしょう。

約5億年前、魚たちは“狩られる”側だった

 じつは魚の仲間の歴史は、さらに1億年ほど前に始まっていました。

 しかし、基本的にその地位は「弱者」。

 生態ピラミッドの下位に位置し、さまざまな無脊椎動物に襲われ、狩られる側の存在だったのです。

“生命史上最初の覇者”ともいえる無脊椎動物・アノマロカリス(左)。約5億年前の海では魚の仲間は彼らに“狩られる”側だった

 そんな魚の仲間が“革命”に成功し、海における生態ピラミッドの上位の座を無脊椎動物から奪い取り、そして支配者の地位を築いた時代。

 それが「デボン紀」なのです。

 革命に成功した脊椎動物は、その勢いのまま、デボン紀のうちに“上陸作戦”を成功させるに至ります。……が、そこから先の陸の話は、今回は脇に置いておきましょう。

現代のサメによく似たナゾの魚

 海に注目すると、この革命の時代以後、現在に至るまで、魚の仲間たちは海洋世界における“長期政権”の維持に成功することになります。

 およそ4億年間もの長期政権です!

約4億年前の海にいた「初期のサメ」クラドセラケ。厳密には現在のサメ類とは違うが、よく似た姿をしている

 その長期政権が始まって間もない海に、現代の海の王者であるサメ類とよく似た姿の魚がいました。流線型のからだ、発達した背びれ、幅の広いブーメランのような形の尾びれ。その名を「クラドセラケ(学名Cladoselache)」と言います。厳密な意味では、クラドセラケはサメ類ではありません。サメ類と同じ軟骨魚類というグループに属し、「初期のサメ」などと呼ばれています。

 クラドセラケに代表される軟骨魚類は、当時の生態系の頂点にいたわけではありません。しかし、デボン紀以降にしだいに繁栄していくことになります。

この記事の画像