昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

最後の“反安倍”石破茂 「自民党スクールカースト」とオタク男子の孤独な戦い

総裁選 そして対立候補は1人だけになった

2018/08/27

〈ある細田派議員は、「石破は安倍さんに『丸焼き』にされるだろう」と言う。〉 週刊現代8月18・25日号の一節である。9月におこなわれる自民党総裁選に安倍晋三の対抗馬として出ることを表明した石破茂だが、日々報じられるような安倍陣営による「石破潰し」が進んでいる。また選挙後の報復人事も予想されることから、この調子だと総裁選は石破を「終わったひと」にするためのイベントになりそうだ。

©文藝春秋

「なんなのあの子。ハブっちゃう?」

「石破は本当に許せないね」(注1)と安倍は周囲に漏らしているという。なんだか「なんなのあの子。ハブっちゃう?」と言っている女子高生みたいだが、それもこれも11年前、安倍が最初に首相になった際に、石破が「安倍おろし」をはじめたことを根に持ってのことだそうな。

 おまけに石破は地方で人気がある。安倍が総裁に返り咲く総裁選(2012年)の1回目の投票では、地方票を集めた石破がトップであった。いまでも「首相の国会議員票は七割。ただ、地方票は五割が石破だ」(注2)と二階幹事長は読むほどだ。

 だから安倍はただ勝つのではなく、3期目の党運営を盤石にすべく、石破を無力化する必要がある。そのために石破の強い県を行脚するほか、「内閣情報調査室の職員らを使い、石破氏の動向を徹底的に探っている」(注2)とまでささやかれている。

この記事の画像