昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

しつこく連絡してくる「味方のおじさん」問題に悩む女性たちへ

心配するそぶりを見せながら急激に距離を詰めてきて……

2018/09/25

「おじさんからしつこく連絡がきて困っているのですが、仕事関係の知り合いであるため、強く拒否できません。どうしたらいいですか?」

 最近、知人の女性からこんな相談が寄せられました。

 相談者の年齢は20代前半。相手の男性は50歳前後で、しかも既婚者だといいます。

©iStock.com

3日に1度のペースでLINEが届くように

 私は仕事柄、女性からよく相談を受けるのですが、おそらく「これ」が一番多いパターンなのです。会社に入って間もない女性社員に目をつけた男性が、「親身な先輩」の仮面を着けて近づいてくる。もしくは取引先の男性が、仕事に関係ないプライベートな連絡をバシバシ送ってくる(なお「既婚女性からしつこく連絡がくる」という男性のお話も聞いたことがあるので、男女問わずこういった問題はあるようです)。

 彼女は企業相手の営業職に就いているのですが、ある日、取引先の男性(以下、Kさん)から「仕事をスムーズに行うためにも、親睦会も兼ねて2人で飲みに行かないか」と誘われたそうです。さすがに2人で飲みに行くほど仲が良いわけではない上、彼の人となりもよく分からなかったため、そのときは会社の人を何人か誘って一緒に行ってもらったといいます。

 その後もKさんからの連絡は続き、そのうち3日に1度のペースでLINEが届くようになりました。しかもその内容は、ほとんど業務に関係のないものばかり。以下、相談者のLINEより引用します。

絵文字を多用した「おじさん」らしい文面

Kさん「最近、どう?元気?チョット、気になってさ 仕事、○○さんにこき使われてない?(笑) 近いうち、ごはんでもどう?(^_^) 愚痴くらい、聞くからさ(笑)」

Kさん「別に、お前が女の子だから、ごはんに誘ってるわけじゃないよ 俺は味方 もっと、俺を信用しろよ

 これが3日に1回です。取引先の社員(しかもかなり年上)で無視をするわけにもいかないとなれば、めちゃくちゃしんどいはずです。

届いた瞬間に「頭の中で何かがプツンと切れた」

 なるべく当たり障りのないよう返信を続けていた彼女でしたが、Kさんからの連絡はさらに内容がエスカレートしていきました。

実際に相談者に送られてきたLINE

Kさん「××(相談者の名前)ちゃん、店の前通ったら真剣な顔して仕事してたなぁ まぁ、寂しかったり、辛いことあったらいつでもおいでや 辛いことは、無いことを祈ってるけど」

相談者の女性「ありがとうございます! 仕事はまじめにしてます(笑)」

Kさん「エロイ! エライ」

 アウトです。お疲れ様です、100%アウトです。

 相談者の女性いわく、このLINEが届いた瞬間に「頭の中で何かがプツンと切れた」とのことでした。そりゃ切れるわ。

 彼女が私に相談をくれたのは、この直後のことです。「KさんをLINEでブロックしようかと思ったが、仕事相手ということもあり、なかなかはっきりと拒否ができなくて困っている」と話していました。