昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「全国紙」でなくなる? 産経の“感情の起伏”が激しかった「11月16日のこと」

保守おじさんが「揺れている」

2018/11/23

 産経新聞が全国紙ではなくなる?

 この話を耳にした私は今週月曜の『荒川強啓デイ・キャッチ!』(TBSラジオ)の出演コーナーで調べることにした。どうやら2日後に発売の「月刊FACTA(ファクタ)」という雑誌に載るという。番組スタッフが出版社に交渉したら記事を提供してくださることになった。

 タイトルは「『全国紙』の看板下ろす産経」。

生き残りをかけた英断?

 産経新聞が2020年10月をめどに、販売網を首都圏と関西圏などに限定して縮小する方針を固めたという。販売エリアの縮小で販売収入は減るものの、それ以上に輸送コストが大幅に削減できる。それが今回の措置の狙いだと。

 

《中部地方を地盤とする中日新聞のような、東京・大阪を基盤とする文字通りのブロック紙になっていくのではないか。》という見立て。

 記事を書いたファクタ出版の社長は「厳しい紙媒体の中で、生き残りをかけた英断では?」と解説してくれた。

 実はこの話、ほかでも読んだ覚えがあった。

 思い出した。2週間前の「週刊文春」だ。

《「来年は内定3人」「全国紙の看板を下ろす!? 産経新聞社長の正論」(11月15日号)》

「10月の臨時社員大会で社長が発表」「紙の全国紙からデジタルのハイブリッドに業態を変える」「それに伴い不採算地域で配達を停止する」と小さい記事だがしっかり書いていた。文春の地獄耳。