昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

韓国人にとって宮脇咲良は何者か? バラエティーで見せた「ギャップ萌え」と「誤訳事件」

IZ*ONEの日本人メンバーらが韓国ファンに受け入れられたワケ

2018/11/25

 日韓合同ガールズグループ「IZ*ONE」(アイズワン)が話題だ。宮脇咲良、矢吹奈子、本田仁美らAKB48グループのメンバーも所属するIZ*ONEは、今年6月から韓国のケーブルテレビ局Mnetで放送されたオーディション番組『PRODUCE48』の合格者12人で結成されたアイドルグループ。日韓両国の候補者96人のなかから視聴者投票によって選ばれたメンバーたちはデビュー前から注目を集めており、10月29日に発表されたデビューアルバム『COLOR*IZ』は日本のオリコン週間アルバムランキングで1位を獲得した。

左からチャン・ウォニョン、宮脇咲良、矢吹奈子 ©時事通信社

 もちろん、韓国でも彼女たちは人気者である。日本と同時に発売されたデビューアルバムは、初週売上が8万822枚を記録し、韓国国内で発売されたK-POPガールズグループのデビューアルバムとしては売上最高記録を更新した。これは歴代のガールズグループのアルバムのなかでも9位に入る記録であり、IZ*ONEよりも上位に入っているのはTWICE、BLACKPINK、少女時代ら3グループだけだというのだから、その人気の高さがうかがえるだろう。

人気メンバーは“ギャップ萌え”な宮脇咲良

「韓国での注目度はすごいですよ。最近は音楽番組はもちろん、公共放送局KBSの『ギャグコンサート』など有名バラエティ番組にも数多く出演しています。テレビで彼女たちの姿を見ない日はないほどです」

 そう話すのは、韓国のスポーツ&エンタテインメントニュースサイト『SPORTALKOREA』のキム・ソンジン記者だ。かつては安室奈美恵やSPEEDのCDを買いに日本を訪れたこともあるというほどの日本アイドル好きで、『PRODUCE48』の放送開始当初から彼女たちを追ってきたというキム記者は、日本人メンバーのファンが多いことも韓国におけるIZ*ONE人気の特長の一つだという。

「矢吹奈子は小柄でキュートなルックスが人気で、本田仁美はかわいい丸顔とキレのあるダンスが支持されていますが、3人の中でも宮脇咲良の人気は飛び抜けています。宮脇咲良は一見すると清純でクールな印象ですが、バラエティ番組などでは自身の運動音痴をネタにして笑いも取る。そんなギャップに韓国ファンもメロメロなんです」

「PRODUCE48」中でゲームをする宮脇咲良。後に同じくIZ*ONEに所属することになるイ・チェヨンとの掛け合いは話題になった