昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

各紙まさかの総スカン? もしも「万博おじさん」が大阪万博社説を読んだら……

日経も産経も、まさかのダメ出し

2018/11/30

 2025年、大阪万博決定!

 さぁお祭りがやってくる! 喜びにあふれるであろう各紙の社説(11月25日)を読んでみよう。

毎日の正論「懸念に向き合ってこそ」

 まず毎日新聞。

「25年万博に大阪決定 55年後の成熟を見せよう」。タイトルに勢いがある。ワクワク!

大阪万博誘致キャラ特使に任命されたキティちゃん ©︎AFLO

《気がかりなのは、20年東京五輪後の経済浮揚策の側面が殊更に強調されることだ。》

 ん? 気がかり?

《バブル経済の負の遺産である人工島の活用問題で批判をかわそうという思惑も見え隠れする。》

 おい、いきなり芯を食った解説をするな。せっかくめでたい席じゃないか。

松井一郎大阪府知事 ©︎文藝春秋

 まだ何か言いたそうだな。

《解決すべき点は多い。会場建設費1250億円は政府、大阪府・市、経済界で3等分で負担するが、経済界の調達方法は決まっていない。》

 ……こ、これでよく決定したじゃないか。むしろ感心しようぜ!

《会場の跡地利用のめどは立たず、会場隣接地で誘致活動が続くカジノを含む統合型リゾート(IR)頼みだ。ギャンブル依存症などの問題を抱えるカジノが地域再生につながるか疑問である。跡地の整備計画がお粗末では「お荷物」に戻るだけだ。》

 少し黙っててくれないか。