昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「質問を4回無視」に産経師匠も一喝! なぜ河野外相は“変節”したのか?

異端児と呼ばれたプリンスが、こうなるまで

2018/12/14

 今週火曜(12月11日)夕方、新聞各紙のWEB速報記事を見てザワザワした。

 読売新聞「河野外相、記者に4回続けて『次の質問どうぞ』」

 朝日新聞「河野外相、質問を4回無視 記者会見で日ロ関係問われ」

 産経新聞「『次の質問』4連発 河野太郎外相、日露関係で応答拒否」

 歯に衣着せぬ、河野太郎先生にいったい何があった?

産経師匠、ご立腹

 読売によれば《河野外相が11日に閣議後記者会見を行った際、日露関係についての記者の質問に連続して「次の質問どうぞ」とだけ答え、記者が反発する場面があった。》という。

河野外相 ©︎AFLO

 産経は次のように書いた。

《自身の発言がロシア側の無用の反発を招き、条約交渉に悪影響が及ぶことを懸念して「だんまり」を決め込んだようだが、公式会見での木で鼻をくくった対応は、周囲をあきれさせた。》

 産経師匠、ご立腹である。

 河野外相はロシアとの交渉については大事だから言わないと決めているのだろう。しかしそれなら別の態度もある。産経が言うように「木で鼻をくくった対応」はとても目立ち、気になる。

 朝日は待ってましたとばかりに「『河野さん傲慢やで。トランプ氏よりひどい』辻元氏」と、立憲民主党の辻元清美国対委員長のコメントを載せた。こういう朝日みたいなキャラはクラスに1人はいる

 辻元氏は「河野太郎外相は私と当選同期で、若いころから『情報公開が大事だ』と人一倍おっしゃっていた。しかし、ころっと大臣になったら変わられて。」とコメント。