昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

こんな幹部社員がいるから「炎上プロジェクト」は生まれる

馬鹿なことばかりやる、頭のいい人たちが集まっているはずの組織論

2018/12/20

 本稿前編では「なんで炎上するプロジェクトは上手くいかなかったのか」と「炎上後に何を考えるべきか」というメソッドを併せてお伝えしたわけなんですが、なんでこんな話があるあるとご共感を戴くかというと、意外と普遍的に「上手くいかないこと」って共通しているからなんです。

 みんな、だいたい似たようなことでつまずいたり、悩んだりしているんですよね。

 そしてまあ、かくいう私も「なんか人生上手くいかんなあ」と嘆くことも少なくないわけですけど、ここで上手くいかないことを適切に反省できておるのか? というのは重要なチェックポイントなわけですよ。実は、上手くいったことを続けていってより成功するというよりは、上手くいかなかったことを反省して同じ失敗をなるだけ繰り返さないことが大事だ!! ということになるわけであります。

©︎iStock.com

丸投げ幹部の皆さんの問題

 偉い人の思いつきに振り回される系のトラブルに続く項目は、やはりミドル層からアッパーミドル層の幹部社員の皆さんの問題です。

B 「なぜこんな仕様になった?」となりがちな丸投げ幹部の問題

 部下に言うことを聞かせて統制しようというトップと幹部社員は、まさに煮える鍋とその蓋という関係にあります。煮られる現場は堪ったモノではありませんが、実際そういうことばっかりなので、コンサルとして現場を拝見するとオリエンテーション開始10秒ぐらいで「あー、まーたそういう話か」と思ったりするわけであります。

 一番多いのは、営業系の幹部の方に多い「ノルマだけブレイクダウンしてくる上司」とか「ちゃんとイメージが共有できないので何を目指して指示しているかさっぱり分からなくなる上司」であります。偉い人が経営会議で来期は売上20%増だと言えば、各エリアに20%ぶん来年の売上増を分配するだけのノルマ使者みたいなのが上司にいると大変です。

©︎iStock.com

 そもそも「どうやって売上を20%引き上げるのか」という構想なり新サービスなり増員なくして、いまの手持ちの人員と武器装備だけで「売上を20%増やしてこい」というだけのミドルが多いのが問題なのです。

 そして、炎上しているプロジェクトの資料とかよく読むと、目標が「来期20%の売上増を目指す」とか書いてあります。まだ完成してないプロジェクトに売上ノルマ負わせてるんじゃねえよ。お前は未来から来たのか。しかし、多くの会社では、日本の会社か外資かは問わず売上を増やすための予算は簡単には捻出できないようになっています。なので仕方なく、新規プロジェクトを作りそのプロジェクト予算が増えることでようやく人員や予算がキープされるという本末転倒な事態となります。