昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

燃え殻
2017/01/28

愛が本物なら、安定した仕事を捨てて海外に行くべきでしょうか?

燃え殻さんに聞いてみた。

Q  愛が本物なら、安定した仕事を捨てるべきなのでしょうか?

 外国人の彼と付き合っています。いま日本にいますが、彼の仕事柄、この先どの国に行くか正直わかりません。ついていきたいけど、イコールいまの超ドメスティックな仕事は辞めなきゃいけない。33歳だから、まだ今なら違う仕事ができるとは思いつつ、真剣に転職の準備をしたほうがいいのか迷ってます。愛が本物なら、安定した仕事を捨てるべきなのか。どう思いますか?(33歳・女性・会社員)

A 先の見えない愛を取るか、先の見えない仕事を取るかだと思います。

「この先どの国に行くか正直分からない外国人の彼氏」

 自分の努力だけじゃ人生なんてたかが知れてると思っている人間としてはこの文字列の無限の可能性にうっとりしました。うっとりしながら一回途中で席を立ってコンビニに行ってきました。ホットの焙じ茶を購入しようとしたんですが、後ろから「まだ温まってないかもよ」と声をかけられました。

 ホットじゃないかもよの忠告をしてくれた店員さんは、東南アジア系の外国人の方でした。ボクはその時にふと思ったんです。ボクが33歳の女性会社員で外国人の彼氏と一緒に知らない異国の地に行って、異国のコンビニ的な店で働いて「まだ温まってないかもよ」と異国の言葉で異国の方に忠告できるか? と。言えない。無理だ。多分、ボクならば面接で落とされる。凄い意思と凄い行動力がある人にしか選べない道のような気がしました。

 ただ、もう片方の安定的な仕事なんて本当にこの世にあるんでしょうか? 人間後々振り返ってみて、安定した仕事だった、運命的な仕事だったなんて勝手に言うだけじゃないでしょうか? 先の見えない愛を取るか、先の見えない仕事を取るかだと思います。と言い切ってみましたが折衷案もある気がしてきました。ホットの焙じ茶を飲んでみると一旦落ち着きます。おすすめです。

「○○さんに聞いてみた。」のコーナーでは、みなさまからの質問を募集しています!

質問投稿フォーム