昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

燃え殻
2017/01/28

日々のストレスとどう付き合えばいいのでしょうか?

燃え殻さんに聞いてみた。

Q 燃え殻さんのストレス解消法はなんですか?

 企画の面白さより、組織の都合、人事的要素や政治的要素で仕事の内容が決定されていくのがムカついてます。どこの組織もそんなものなのでしょうか? いろいろムカつくことが多いんですが、燃え殻さんのストレス解消法はなんですか? (30代・女性・マスコミ勤務)

A ストレスと感じられてる状態は健全です。

 ボクの数少ない人生の経験の中で、ムカつかない組織に出会ったことはありません。不条理じゃなかったレースは知りません。そもそも幼少期から政治的要素を理解してる人間がクラスの人気者だったじゃないですか! 社会に出たらまんま政治家が個室の焼肉屋でホステスと美味そうな肉を食っていて唖然としたじゃないですか! (個人的経験)

 ただムカつきにもだんだん人は慣れ、そして常識と化すという悲しさで世界は回ってると思うんです。ストレスとさえ思わなくなったら末期です。ストレスと感じられてる状態は健全です。叫ぼうが酔おうがストレスなんて解消しないですが、ストレスという荷物を一旦おろす行為は必要だと思います。

 我を忘れる瞬間はありませんか? 気づいたらバーゲンセールで人を押しのけてるとか、部屋でひとり恋ダンスの練習を発表する予定もないのにしてるだとか。左肩にかけてあったストレスというカバンを一旦おろして深呼吸、そして今度は右肩にかけなおして歩き出す。毎日はそんな感じかと思います。探して下さい、必ずあるはずです。今日の我を忘れる瞬間ってやつが。

「○○さんに聞いてみた。」のコーナーでは、みなさまからの質問を募集しています!

質問投稿フォーム

はてなブックマークに追加