昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載文春図書館 著者は語る

おばちゃんたちの情熱と行動力はやっぱりすごい

松田青子が語る『おばちゃんたちのいるところ』

まつだあおこ/1979年兵庫県生まれ。2013年、初の単行本『スタッキング可能』で注目される。著書に『英子の森』『ワイルドフラワーの見えない一年』『ロマンティックあげない』、訳書に『狼少女たちの聖ルーシー寮』『レモン畑の吸血鬼』などがある。

 八百屋お七にお岩さん。昔ばなしでおなじみの幽霊たちが今の世の中によみがえったら――。愉快な発想を元にした短編集『おばちゃんたちのいるところ』(松田青子著)が刊行された。怪談への愛情とタイトルにある「おばちゃん」たちに込められた思いとは。

◆◆◆

「子供の頃夏の楽しみはテレビの怪談ドラマでした」

 松田青子さんの最新短編集でモチーフになるのは娘道成寺、八百屋お七、お岩さんなど歌舞伎や落語で古くから知られた怪談だ。

「取材で姫路城に行った時、城内の“お菊井戸”で小さい男の子が『1枚、2枚』ってお皿を数えるまねをしていたんです。私の頃と同じように今も子供がちゃんと知っている。廃れない怪談の底力を感じました」

 1編目「みがきをかける」では、脱毛エステから帰宅した女性のもとに自殺したおばが訪ねてくる。娘道成寺の清姫をかっこ良いと称賛し、姪に発破をかけるおばちゃんの、死者とは思えぬ活気に笑ってしまう。

「怪談に出てくる女の人の情熱や行動力が好きなので、パワフルな女の人を書きたいと思いました。日本語で一言で表現すると“おばちゃん”かなと思った時に、センダックの絵本『かいじゅうたちのいるところ』と結びついて書名が決まり、全体の構成が出来ました」

『おばちゃんたちのいるところ』(松田 青子 著)

 表題作は、1編目のおばちゃんの息子が主人公。彼の就職した奇妙な会社を通じて全編が緩やかに繋がる構成だが、そこで働くのはこの世のものに限らない。

「工場で主任を務める友達がおばちゃんの有能ぶりを力説していたのが印象的で。それと、怪談を読み直すとやはり現代の感覚では性差別的だったり、理不尽にひどい目に遭う女の人が多いので、小説ではなんとかポジティブに変換したくて。その結果が、生者も死者も女性も男性も関係なく楽しく仕事をする姿なんです」

 7編目「クズハの一生」では〈標準的な人間の女のふり〉で生きてきたクズハが、存分に能力を発揮する喜びを知る。一方、男性新入社員を見て〈悪い意味で、平等になった〉との述懐も。

「江戸に生きたお岩さんも過酷だけど、クズハが生きたバブル期も今では信じられないようなセクハラ地獄。時代ごとの地獄がある中で、かつては女性だけが見ていた地獄が男性にも見えるようになったのが現代ではないかと思うんです。地獄に変わりはないけど、同じものが見えているぶん少し解り合えるかも。男性性からも女性性からも解放されたほうが、楽になれますよね。私が怪談に惹かれるのも解放されたパワーゆえかもしれません。恨む相手を祟り殺したり、恋のために放火したり、情熱の赴くまま無茶をする。自分にはできないからこそ憧れます」

 ユーモアと現代の目線で、おなじみの怪談が魅力的なおばちゃんたちに化けた。

失業中の新三郎のもとにセールスレディの露子と米子が訪ねてくる。強引な営業トークに唖然とする新三郎だが妙に気力が湧いてきて――(「牡丹柄の灯籠」)。他にも、釣り上げた骨の主と不思議な関係を築く若い女性やシングルマザーの子育てを密かに手伝う幽霊など、日本古来の怪談を現代風にリミックスした17編。

おばちゃんたちのいるところ - Where the Wild Ladies Are

松田 青子(著)

中央公論新社
2016年12月7日 発売

購入する