昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載アプリ俺

上田 裕資
2017/03/13

世界30カ国でトップテン入りした「いびき録音アプリ」の実力は?

いびきラボ

Illustration 師岡とおる

 自分のいびきをチェックできるアプリとして話題なのが「いびきラボ」。世界三十カ国で医療アプリのトップテンに入り、いびきに悩む各国のスマホユーザーらが頼りにしている。

「枕元に置いたスマホでいびきを録音するアプリ。半信半疑で試したら、自分のいびきがとんでもなくうるさいことに気づかされた。時間ごとの音量の変化がグラフで記録される点も画期的」(利用者)

 英国生まれのこのアプリ。いびきに関し妻から苦情を言われた夫が開発したとのこと。アプリがいびきの発生を自動的に検知し、ピンポイントで録音することで音声ファイル容量を小さく抑えている。「毎日のいびきの音量は『いびきスコア』という独自の基準で算定。さらに、睡眠時間に占める“いびき時間”の割合まで表示され、自分の場合は寝ている時間の半分以上、いびきをかいていることが判明し、衝撃を受けた」(同前)

いびきを見える化

 このアプリはいびきの軽減策として「鼻づまりを治す」「横向きに寝る」「減量する」「アルコール摂取等の生活習慣を変える」といった提案も行っているが、どれも素朴すぎて即解決とはいかないかも。

 まずは自分のいびきがいかに他人に迷惑であるかを自覚し、対策を考えるきっかけにするのはどうだろう。

【俺の評価】アプリ内の説明には「室内にいびきをかく人が複数居る場合、個人の識別までは出来ない」との注意書きも。夫婦で利用する場合は、個別の部屋で各人のいびき音量を測定すれば、どちらがうるさいかを判定できる。

●無料/対応OS:iOS、Android/リリース元:Reviva Softworks Ltd

無料で使えるが録音回数には制限が。iOS版は840円の課金で解除できる

はてなブックマークに追加