昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

瀧澤 信秋
2017/03/13

進化するビジネスホテル、4大チェーンの「良い点」「惜しい点」

泊まりまくって分かったそれぞれの違い

genre : ビジネス, 企業

 筆者はホテル評論家としてホテルのサービスを見ることをモットーにしており、国内にあるホテルと名の付く施設に日々泊まりまくっている。近ごろ、特に進化著しいと感じるのが「ビジネスホテル」だ。

 本来、ビジネスホテルは“ローコストタイプ”で機能性重視というスタイルが基本。ところが近年、多様な付加価値を打ち出すホテルが増加してきた。「ビジネスホテルだけど広い客室がほしい」「ビジネスホテルだけど快適なベッドがほしい」「大浴場は嬉しいができれば露天風呂も」等々、ビジネスホテルとはいえ、利用者の求めるサービスは日々拡大している。チェーン間競争が激しいビジネスホテル業界にとって、顧客獲得は至上命題。利用者の要望を実現することは重要だ。このような現況から“ハイクラスタイプ”といわれるホテルチェーンも登場、人気を博している。

 依然支持率が高いローコストタイプから新たな需要を開拓しているハイクラスタイプ、それぞれの有名チェーンの、【優れている点】【注意したい点】を整理して紹介しよう。

お得感を優先するなら「東横イン」(ローコストタイプ)

「東横イン」の客室

【優れている点】

 全国各地の主要駅前には「東横イン」、といっても過言ではないほど認知されているチェーン。ホテルの料金は繁閑等で変動するのは常識であり(レベニューマネジメント)、目を疑うような料金設定もみられる中、東横インは“料金変動が少ない”ことでも支持されているチェーンだ。そんな東横インはビジネスホテル業界のパイオニア的存在ともいえる。

 例えば、今や当たり前の客室に置かれた空の冷蔵庫。これを初めて導入したのが東横インと言われている。また、ローコストタイプで定番となった“無料朝食”(無料とはいえ宿泊料金に転嫁されていることはいうまでもない)。これも東横インがはじまりとされている。その他、市価より安い自動販売機やロビーにセットされた無料ミネラルウォーターサーバーなど、お得感の打ち出しも秀逸だ。

「東横イン」のロビー

【注意したい点】

 一方で、シティホテルはもちろん、アッパーなビジネスホテルでも導入が進んでいる“デュベスタイル”(ボックスタイプの掛け布団カバーを用いた羽毛布団によるベッドメイキング)の未採用や、マットレスのホールド感不足など、滞在の質を重視するゲストには物足りないかもしれない。また、豪華ブッフェメニューまで登場しているローコストタイプの無料朝食競争下にあっては比較的簡素な内容。とはいえ、必要なものを必要なだけというチェーンホテルの安心感はピカイチと言えるだろう。

眠りの質にこだわるなら「スーパーホテル」(ローコストタイプ)

「スーパーホテル」の客室

【優れている点】

 質の高い眠りといえば高級ホテルをイメージするが、最近ではビジネスホテルも快眠に気遣うケースが見られる。各チェーン、ベッドや枕などよく研究しているが、快眠追求のパイオニア的存在が「スーパーホテル」だ。大学や異業種企業と連携した「ぐっすり研究所」を設け快眠研究をすすめている。

 最近人気の“選べる枕”、ロビーでお好みの枕をピックアップするスタイルであるが、これもスーパーホテルがブームの火付け役。150cm幅ワイドサイズのオリジナルマットレスや枕はもちろん、照明も眠りを気遣った照度設定を意識しているという。そのスーパーホテルが、“ハイクラスブランド「Lohas(ロハス)」”も展開し、手厚いサービスに加え、さらに質の高い睡眠がとれると評判だ。

「スーパーホテル」の選べる枕

【注意したい点】

 快眠がコンセプトだけに、例えば客室でがむしゃらに仕事をしたい場合や、煌々とした照明に安心感を覚えるという向きには物足りない客室だろう。また、スーパーホテルでは、大浴場を設ける施設もあるが、限定的なスペースの上、サウナなどの設備はない簡素なケースが多く、大浴場設置という売り文句でチェックインすると、お風呂好きには物足りないかもしれない。

 同ホテルチェーンの特色として、キーの代わりに“暗証番号が記された紙”が渡され、客室ドアノブにある暗証番号ボードをプッシュして解錠するキーレス方式を採用している。キーを保管する手間はないが、慣れないと紙を客室に置いて外出してしまったり、紛失してしまったという声もある。紙が渡されたら携帯電話などで番号を記録しておくことをオススメする。

はてなブックマークに追加