昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

松中 みなみ
2017/03/11

【ソフトバンク】今の私がいるのはニィニィ(松中信彦)のおかげです

文春野球コラム ペナントレース2017

 プロ野球ファンの皆さま、こんちには!
福岡ソフトバンクホークスのコラムを担当させて頂くことになりました。松中みなみと申します☆

 きっと初めましての方も多いと思うので自己紹介をさせて下さい。

©松中みなみ

 東京でタレントをやっています☆ 松中みなみです!
“松中”って苗字を聞くと、ほとんどの野球ファンの方は“松中信彦”を連想するようで

「松中信彦っていう三冠王がいるんだけど知ってる?? すげーゴツい選手なんだけど……苗字一緒じゃん!」

「……はい、知ってます。その人、私の親戚の兄です……。」

 すごく誇らしい気持ちと同時に、それを聞いた瞬間からひるむ? 距離をあける人もいて、逃げないで~! 私じゃないから~~! と言いたくなる時もしばしば。

 ちなみにニィニィは私の男性関係について担当マネージャーよりも厳しく、
「必ず俺の目の前に連れて来い。見定めるから!」と言われます。

 いやいや、絶対怖いでしょ。私が男なら絶対行きたくない。
ってことで、結婚はまだまだ先な予感がします(笑)

 あ、ニィニィというのは松中信彦の呼び方です♪
怖い顔してるからこそ可愛らしい名前で☆ 気付けば10年以上そう呼んでいます♪

 やや話が脱線しましたが、

 野球以外にも競馬や大相撲などが大好きで、スポーツ系のトーク番組やバラエティ番組に、ちょこちょこ出演させてもらっています☆

 休みが少しでもあれば、全国色んな所に飛んで生観戦しています☆

 そんな私がなぜ今タレントになったかというと、
きっかけはこれまたニィニィ!!!

 タレントになる前、私は広島のアパレル会社でショップ店員をしていました。

 たまたま休みの日に菅野美穂さんが出演していたドラマのDVDをレンタルして見ていたところ、その演技に感動したんです。「菅野美穂さんに会いたい、話したい!」→「会える確率を考えたら、東京で同じ芸能界に入ればいい!」→「よし、アイドルになろう☆」

 という突発的なぶっとんだ考え方で、あっという間に夢が出来ました。

 しかし、即座に思いました。

「いや、待てよ。オーディションも何も受けずに、いきなり東京に飛び込むのはアホ……かな……?」そりゃそうだ。よかった……まだ常識的なみなみが心の中にいました(笑)

「ツテがあるほうが心強いよなぁ……。あ! ニィニィがいた☆」

 ニィニィの奥様は美人アナウンサーさんで、大手プロダクションに所属していたので相談してみたんです。すると、なんと奇跡が!!!

「そういうことなら明日東京へ来い。試合が終わったら芸能関係の人とご飯しよう」

 え、東京で??? ホークスなのに??

 そう。ちょうどその時、交流戦のタイミングで、次の日がなんと東京ドームの巨人戦だったんです!!!! ツイテル~~~~☆☆☆

 急いで荷物をまとめて新幹線に乗り、上京!
午前中に住む家を決めて、午後はドームで試合を見て、夜は食事!

 その時に出会った人が事務所を紹介して下さって、今のマネージャーに出会い……といったように、とんとん拍子で話が進んでいきました。

 今の私がいるのは間違いなく、ニィニィがいてくれたおかげです。あと野球。切っても切り離せない。いや、切りたくないものです。

ニィニィこと松中信彦氏とのツーショット写真 ©松中みなみ

 なので今回、このオファーを頂いた時、私に務まるのか不安で怖かったんですが、私のコラムを通じて共感してもらえることがあったり、新たな発見をしてもらえることができたら……。

 そして、まだ野球をそんなに知らない人も取り込んでいけるように、色んな角度から更新していきたいと思ってるので、

 どうぞどうぞ、2017年シーズンはみなみのことをよろしくお願いします☆

 HIT☆押して下さいm(_ _)m

 ちなみに「優勝したらなにかいい事があるかもよ♪」
って編集者の方が言ってたので、言わせて下さい…☆

“みなみを日本シリーズに連れてって!”

(*^^)v

 それでは、松中みなみのソフトバンクホークスコラム、ぷれいぼーる☆

◆ ◆ ◆

※「文春野球コラム ペナントレース2017」実施中。この企画は、12人の執筆者がひいきの球団を担当し、野球コラムで戦うペナントレースです。