昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

【楽天】今季期待したい4人の投手、名付けて「ユーフォー」

文春野球コラム ペナントレース2017

美馬が開幕投手にうってつけの理由

 さぁ、待ちに待ったシーズン開幕! そして文春野球コラム ペナントレース2017も開幕でございまーす!!

 さて、さっそく飛び込んで来たニュースだっ! 安楽智大投手、右大腿二頭筋の部分損傷! えっ。

 復帰までには6週間~8週間。なぬっ!

 開幕絶望。。。ちーん。

 まさかここに来て。。

 しかーし、悔やんでも仕方がない。5月中ごろに万全の状態で帰ってくる事を祈っているぞぉー。

 ほな、気を取り直して岸孝之投手! 開幕投手よろしくお願いやでっ!

 。。。

 えっ、返事ないけど? どしたぁ? なに? インフルエンザ?

 笑かすなよぉー。冗談やろ? 冗談やろ? 冗談やろ? 冗談やんなぁ?

 。。。

 ちーん。

 という事で、楽天は美馬学投手で開幕をむかえますっ!

 えっ、涙ふいて?

 泣いてないわーい! 泣く必要あるかーい。むしろ願ったり叶ったりやわっ! 何故なら僕は美馬投手にこそ開幕戦を投げてほしかったんやぁ。ウソやないで。ほんなら美馬投手で行くべき理由を挙げさせてもらいますわぁ。まず昨年の美馬投手の開幕覚えてる人も多いと思うけど3月30日のロッテ戦、96球無四球完封勝利やで。開幕に強い男なんですっ!

 あとこんなデータもありますわ。昨年の対チーム防御率なんやけど、ソフトバンク5.50、日ハム7.71、ロッテ3.34、西武6.46

オリックス戦はなんと2.60! ダントツでええやないか! しかも2勝負けなしやで。相性抜群な男なんです!

 そしてなんと言っても中学時代、隣町の野球チームでよく対戦し今も親交の厚い稀勢の里関が大阪場所優勝! 怪我に泣きながら大逆転の優勝! なんか状況が似てる男なんですっ!

 ゆえに開幕投手は美馬投手しかおりません!

開幕投手を務める美馬学 ©文藝春秋

活躍未確認の4投手「ユーフォー」に期待

 さて、それでは開幕白星を信じながら今シーズン期待をかけている僕の一押し投手4人をここで紹介しておきたいと思う。

 まずは2012年ドラフト1位の森雄大投手だ。元々いい球は持っていたのだがメンタルの部分で課題を抱えていたもののメキシコのウインターリーグに参加し、メキシカンの陽気な発想に目から鱗だったとか。星野副会長にも「気持ちの入ったお前の球ならそうそう打たれん、ど真ん中投げとかんかい」と熱い言葉をいただき覚醒を見せそう。とにかくテイクバックが小さく、球の出どころが見えないフォームはまさに楽天の和田毅になれるぞっ。

 2人目は古川侑利投手、2013年ドラフト4位。この年甲子園に出場した投手で唯一ドラフト指名された投手。昨シーズンから所々片鱗はみせつつあり、今年のオープン戦では防御率1.13。3歳の頃、すき焼き用に器に落としていた生卵を数個ツルツルと飲みほしたとか。150キロを超えるパワーボールの源かもしれない。まさに東北のロッキー! ミキタニサーン!

 そして巨人から移籍の小山雄輝投手も忘れてはならない。長身から投げおろすストレートは150キロを超え、おまけに決め球は鋭く落ちるフォーク、パワー勝負のパ・リーグ向きは明らかで、2014年は6勝のうちの3勝が交流戦と数字にも表れている。ハマれば松井投手の前を投げても面白いのでは? 

 最後はルーキー左腕の高梨雄平投手を推したい。早稲田大学時代は日本ハムの有原航平投手と同級生で、東京六大学史上3人目の完全試合も達成したが、プロ野球の世界に行くには決め球がないと社会人へ。社会人でサイドスローに転向し、見事自分の仕事場を見つけてプロの扉を叩いた。サイドだけでなく、場面に応じてスリークウォーターで投げたりと、打者を翻弄するピッチングはやはり社会人経験が大きいだろう。入寮時に平愛梨さんのサインを持参したことはもういいじゃないか! 楽天の宮西尚生になってくれると信じているよ! 以上僕のイチオシの4人でした!

 あれ? 何かに気付かれました? 気付いた方おられますぅ? 4人の共通点!

 森雄大、古川侑利、小山雄輝、高梨雄平。。。そうなんです。全員がユーの文字を持つ男なんですっ。

 せっかくなんでこの場で名付けていいですか!! ユーが4人で、フォーユー! フォーユー! てどうです?

 えっ、高橋真梨子さんの匂いがする?

 よし! じゃユーフォーでどや? ユーフォー。まだ活躍未確認やしええやんか!

 ユーフォー? UFO? U4? ユーフォーやな!

「ユーフォー」決定やぁ! 頑張れユーフォー! 期待しているぞユーフォー! 出てこいユーフォー!

 でも、突然現れた思たら消えるんだけは堪忍してやぁ。

◆ ◆ ◆

※「文春野球コラム ペナントレース2017」実施中。この企画は、12人の執筆者がひいきの球団を担当し、野球コラムで戦うペナントレースです。