昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

山口 真弘
2017/04/28

Amazonが第1類医薬品の取り扱いを開始。実際に注文してみた!

予想外の展開でわかった購入の際の注意点とは?

 これまでネット通販で購入するのが難しかった第1類医薬品の取り扱いを、Amazonが開始しました。ロキソニンやバファリンEXなど、これまで薬剤師がいる時間帯に薬局に足を運ばなくては買えなかった薬が、ネットで24時間買えてしまうのは魅力的です。

 第1類医薬品のネット販売は、楽天やケンコーコムなどのECサイトでも一足先に行われていますが、送料面でAmazonに優位性があることも多く、Amazonを日常的に利用しているユーザにとっては、今回のサービスは見逃せないところです。

 もっとも、実際に購入してみたところ、なかなか一筋縄ではいかない問題点もあるようです。今回は筆者が実際に試した購入体験記をお届けしましょう。なお筆者はAmazonプライム会員に登録しており、以下のフローはそれを前提としたものになります。

Amazonの医薬品ストア「Amazonファーマシー」第1類医薬品のページ。注釈付きながら「最短翌日配送」との記載があります

必ずしも「注文完了、即発送」ではないことに注意!

 今回Amazonでの取り扱いが始まった第1類医薬品には、ロキソニンやバファリンEX、コルゲンコーワなどの痛み止めのほか、ガスター10などの胃腸薬、フェミニーナなどの婦人薬、リアップなどの育毛・養毛剤などが揃っています。ちょうど筆者はロキソニンを医者に処方してもらっており、手持ちが少なくなっていたので、これを試しに注文してみることにしました。

カートに入れてレジに進むまでの手順は、一般的な商品をオーダーする場合とかわりません。まずは通常通り、商品のページで「カートに入れる」をクリックしたのち、Amazonのアカウントでサインインして決済画面へと進みます。

 違っているのは、決済前に「ご使用者状態チェック」という画面が表示されることです。ここで年齢や性別、症状、使用経験などを記入し、さらに薬剤師への質問があるかないかを選んで送信を実行します。あとは通常のAmazonの注文フローと同様で、問題なければ「注文を確定する」をクリックして完了します。

通常とは異なり、ここで「ご使用者状態チェック」の画面が表示されるので、年齢や性別、症状、使用経験などを記入します

 配送オプションは通常配送もしくはお届け日時指定便のみで、当日お急ぎ便のオプションはありません。ちなみにプライム会員の特典である「お急ぎ便」には対応していません。

注文が完了してあとは到着を待つばかりと思っていたら…

 さて、注文が完了してあとは発送連絡を待つばかりと思っていたところ、翌日午後になってAmazonのカスタマーサービスから1通のメールが届きました。使用者の状態確認が必要だと判断されたため、指定のURLから薬剤師に連絡するようにとの文面です。

 URLにアクセスすると、電話番号を入力するフォームが用意されており、記入ののち「今すぐ」か「5分以内」を選択することで、折り返し電話をしてもらう仕組みになっています。

指定のURLにアクセスすると、電話番号の入力フォームが表示されます。呼び出すタイミングを「今すぐ」か「5分以内」か選択

 電話の待機中は、電話がかかってくるまでの残り時間の目安が表示されます。この時点でキャンセルすることも可能です。

はてなブックマークに追加