昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

urbansea
2017/07/22

小柳ルミ子と加計問題 「ずる賢さの技術」とは何か

週刊文春7月27日号 最新レビュー

「学生が集まるとは思えない。定員、授業料など問題が多すぎる」、「『獣医学』に関して広範な農学教育が必要なのではないか。農学系に強いとは思えない岡山理科大でそれが可能か疑問が残る」

 文春今週号の「『加計に決めました』出来レース議事録」で紹介される、獣医学部新設が予定される岡山理科大学の教職員たちの声である。これは2014年5月から6月にかけて実施されたアンケート調査で回答されたもの。安倍首相が加計理事長を「まさに腹心の友だ」と言ったのは、このアンケート調査の最中、5月24日のことであった。

表町の元ホステスが言うことには

 記事は、内閣府の山本幸三大臣と日本獣医師会の面談の議事録など様々な文書などから事の次第をつまびらかにしていく。そればかりでなく「高級クラブホステスの告白」の小見出しも立ち、記者が岡山市の歓楽街・表町にある加計理事長行きつけの高級クラブの元ホステスを取材している。

「加計さんはとにかく飲み方が汚い。自分が頼んだ芋焼酎を、飲めない女の子にもどんどん飲ませて酔わせようとしていた。そうして体に触ろうとするんです」

加計孝太郎氏 ©共同通信社

 また親子で同じクラブに飲みにいくそうで、「息子さんはとにかく口が悪い。『自分の家族は庶民とはレベルが違う。俺くらいになったら下々のキミたちとは違うから』と語っていました」と別の元ホステスのコメントも。

 上述の岡山理科大学のアンケートの「意見集」には、「アベを使うなどのやり方がきたない。獣医ができたら間違いなく財政が厳しくなる。(略)見栄を張るためか、息子のためか?」との、今の騒動を予見したかのような意見もある。

 飲み方も汚けりゃ、息子の口も悪い。おまけにやり方も汚いのであった。

小柳ルミ子が言うことには

小柳ルミコ ©近藤俊哉/文藝春秋

「サッカーはただクソ真面目にやってもダメ。ずる賢くないと。ジャッジを味方につけてしたたかに。それも人生だから(中略)サッカーは人生の縮図、社会の縮図、人間関係の縮図なの」。今週号の「“サッカー解説者”小柳ルミ子が『さんまと比べないで』」で紹介される、小柳ルミ子のサッカー解説の一節である。

 こちらをもじれば、加計学園問題とは、「獣医学部新設はただクソ真面目にやってもダメ。ずる賢くないと。政治を味方につけてしたたかに」か。お友達政治の縮図である。