昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

池上 彰
2017/10/01

池上さんにとって「時代」を象徴する歌手は?

池上さんに聞いてみた。

genre : ニュース, 政治

Q 池上さんにとって「時代」を象徴する歌手は誰ですか。

 安室奈美恵さんの突然の引退報道は、「アムラー」ブームからファンだった自分にとってとてもショックでした。そして改めて歌や歌手がその時代を象徴するアイコンのような役割を担っているのだなと思いました。池上さんにとって「時代」を象徴する歌手は誰ですか?(30代・女性・会社員)

©時事通信社

A 私が高校生のとき、ビートルズが来日しました。

 学校では「不良になるからコンサートには行くな」というお達しが出ました。それほど衝撃的だったメロディに若者は熱狂しました。まさかビートルズの楽曲が音楽の教科書に載る時代が来るとは。

 私が高校に入学したとき、マイク眞木と森山良子がデビューしました。和製フォークソングのブームの始まりでした。アメリカで流行しているフォークとは一味違い、どこか日本民謡や童謡のような要素を持った和製フォーク。これがアメリカのフォークへの橋渡しになって、ジョーン・バエズやボブ・ディランが日本国内でも人気となっていきます。

 当時はベトナム戦争の真最中。こうしたフォークソングは、それまでの体制に逆らうような力があり、その歌詞と関係なく反戦歌のような扱われ方をしていました。

 懐かしい曲を聴くと、その時代がありありと思い出される。これが歌の力ですね。

「○○さんに聞いてみた。」のコーナーでは、みなさまからの質問を募集しています!

質問投稿フォーム