昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

池上 彰
2017/09/25

池上彰が薦める「北朝鮮がなぜ悲惨な状態になったのか」を知る良書

池上さんに聞いてみた。

genre : ニュース, 政治

Q 池上さん、朝鮮半島の近現代史を学び直したいです。

 北朝鮮のニュースを見るたびに、朝鮮半島の近現代史を学び直したいという思いにかられます。ニュースを見るだけではなかなか深く理解ができず、報道陣や国会議員もあまり知らないでここまで来ているのではないかなと思っております。朝鮮半島の現代史を学ぶ上でのポイント、参考文献などありましたら教えてください。(60代以上・男性・無職)

©共同通信社

A これは手前味噌になってしまいますが、拙著の『そうだったのか!朝鮮半島』(ホーム社発行・集英社発売)があります。

 2014年の発売ですが、第二次世界大戦後に朝鮮半島に2つの国家が誕生し、朝鮮戦争を経て、2つの国が、時に交叉しながら刻んだ歴史を概説しています。

 まずは、この本で概略を把握した上で、それぞれのテーマの本に進んでいってください。

 また、北朝鮮が、どうして悲惨な状態になったかを日本国内で初めて明らかにした書物としては、金 元祚『凍土の共和国―北朝鮮幻滅紀行』(亜紀書房)があります。

そうだったのか! 朝鮮半島

池上 彰(著)

ホーム社
2014年11月26日 発売

購入する

凍土の共和国―北朝鮮幻滅紀行

金 元祚(著)

亜紀書房
2008年2月23日 発売

購入する

「○○さんに聞いてみた。」のコーナーでは、みなさまからの質問を募集しています!

質問投稿フォーム

はてなブックマークに追加