昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

亀山 敬司
2017/11/06

「愛」と「お金」のどちらが大事だと思いますか――DMM亀山会長の人生相談

DMM亀山会長に聞いてみた。

Q 社会に出るとお金ばかりになるのでしょうか?

 僕は就活前の大学生ですが、どんな仕事に就こうか迷っています。できれば、お金とかじゃなく、社会に貢献する仕事をしたいと思っているのですが、両親や友人からは「綺麗事でなく収入が一番大事」と、言われています。社会に出るとお金ばかりになるのでしょうか? 僕は大人になっても今の気持ちを失いたくないです。亀山さんは「愛」と「お金」のどちらが大事だと思いますか?(21歳・学生・男性)

A 今はまだ信念なんて持たずに迷ってたほうがいいよ。

「愛とカネ」、「理想と現実」、「正義と力」とかは、青春で語り合う永遠のテーマ。そして、俺もいまだに答えが出ないから、オッチャンになっても探し続ける永遠のテーマなんだろうね。

 学生時代は、それまで出会った人や本や音楽に影響を受けて、「社会に貢献したい」とか「愛がすべてだ」とかいう理想を持つんだけど、まぁ大抵それは薄っぺらいもので、純粋で真面目なヤツほど、社会の現実にもまれてフラフラになっちゃう。

「一生愛してるわ!」と、言ってた彼女が金持ちになびくと、「やっぱり世の中カネだな」ってスネたり、誰かに助けられたら「やっぱ愛だね!」って、目がキラキラになったりしてね。いろんな体験の中で「しょせんカネだ」「いやいや愛だ」と、右へ左へと考え方がブレまくっていく。

 でもそれは、まるで螺旋階段を登っていくように体験の中で少しずつレベルアップしていくから、同じ「愛だ!」と言っても、学生時代のそれとはちょっと違った深いものになっていくと思うんだ。

 だから、今はまだ信念なんて持たずに迷ってたほうがいいよ。「絶対に愛だー!」って頑固に考えていたら、「カネも現実も大事かな?」って考えを経て、ネクスト愛ステージに行けなくなるからね。

 若いうちから筋肉をつけ過ぎると成長が止まっちゃうから、ときどき頭をストレッチしよう。外の現実から目を背けず、自分の醜さとも正面から向き合う。そして、人を信じたり信じなかったり、自分のことも信じたり信じなかったりしながらね。

 就活で悩んでるなら、「今のところはとりあえず愛かな」っていう、ゆるい思いをキープしつつ、まずは自分のできることで自立を目指すのがオススメかな。

 この「『とりあえず』っていう生き方」は、「信念の中で生きる」よりぜんぜん大変なんだけど、迷いながら歩き続けていれば、いつの間にやら「自分の本当にやりたい仕事」に、たどり着けると思うよ〜!


「○○さんに聞いてみた。」のコーナーでは、みなさまからの質問を募集しています!

質問投稿フォーム