昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

野宮真貴×速水健朗×おぐらりゅうじ#3 「おしゃれはほどほどでいい」のメンズ版が知りたい!

「速水健朗×おぐらりゅうじ すべてのニュースは賞味期限切れである」

「速水健朗×おぐらりゅうじ すべてのニュースは賞味期限切れである」のスペシャルゲストに『おしゃれはほどほどでいい』(幻冬舎)を上梓した野宮真貴さんをお招きする3回目は、野宮さんが男性版「ほどほどでいい」おしゃれを、速水さん・おぐらさんに指南。「オシャレしたいけど、どうしたらいいかわからない」人は必見です(全3回の3回目。#1#2が公開中です)。

左から、おぐらりゅうじさん・野宮真貴さん・速水健朗さん

自分のスタイルがある本物のオシャレな人って、いつも同じ格好

おぐら 本のタイトルにもなっている「赤い口紅があればいい」しかり、2冊目の『おしゃれはほどほどでいい』の中ではついに「いつも同じ服でもいい」と。

野宮 でもある意味ほんとそうなんですよ。

速水 ファッション誌では「1週間着まわしコーデ」が定番の企画ですが、実はそんな技術は必要なくて、毎日同じ服着てなにが悪いの? っていう。

野宮 ムッシュ(かまやつ)さんとかもそうですが、自分のスタイルがある本物のオシャレな人って、いつも同じ格好してますからね。

おぐら やっぱりスタイルですか。あの、それでいうと、ここ何年か気になっていることがありまして。野宮さんも昔から親交があり、いまは「渋谷のラジオ」で一緒にパーソナリティをしているカジヒデキさん。僕ずっと好きなんですけど、いつのころからかマッシュルームヘアとボーダーが極まってきましたよね。たしかにトレードマークではありましたけど、もっと前は違う髪型のときもあったりボーダーではない服も着ていたのが、いまは徹底しているというか。

野宮 ふふふ。私、そのことを本人に聞いたことがあるんです。

おぐら わ! それで……なんと?

野宮 『デトロイト・メタル・シティ』という映画の劇中歌として、カジくんの『甘い恋人』という曲のビデオを作ったときに、あれ主人公の根岸くんのクローンみたいなのがいっぱい出てくるでしょう。

おぐら はい。マッシュルームヘアで短パンの。

野宮 そのときから、もうこれでいこうって決めたらしいです。

おぐら うわぁ……。そういう覚悟を決めて……かっこいい。

野宮 私の場合は、ピチカート時代からいろんな女の子を演じてきましたけど、日常でもやろうと思えばできるんですよ。ヘアメイクとお洋服でキャラクターは変えられる。それが女性の楽しみでもありますから。それこそ、着るもので自然と性格や態度も変わりますよ。

この記事の画像