昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

菅野 朋子
2017/12/08

“犬パラッチ”めぐって大騒ぎ “密告社会”韓国の憂鬱

“パパラッチ”で1年間に800万円稼いだ人も!?

「犬パラッチ(ケパラッチ)制度ができるらしいから、気をつけたほうがいいわよ」

 先日、犬友からこんなことを囁かれた。

 犬(ケ)+パパラッチで通称、犬パラッチ。

 犬パラッチは、犬の散歩時にリードをつけていなかったり、指定された犬種に口輪を装着させていなかったりする飼い主をパパラッチよろしく政府に“密告”し、内容が認められれば報奨金が支給されるというもの。

 この制度は2017年3月の動物保護法改正によって導入が決定され、来年3月22日から施行される予定だ。飼い主への過怠金は5万~10万ウォン(約5千円~1万円)。通報者への報奨金はその20%に当たる。

 今年10月末にはさらなる安全管理の強化のために、韓国農林畜産食品省(農林省)傘下に「伴侶犬安全管理タスクフォース」が設立された。また、保育園や幼稚園、小学校への立ち入りを禁止するなど、猛犬管理の義務を強化する新たな動物保護法改正案が議員発議で提出された。12月1日には国会の関連委員会を通過し、今月末の本会議を通過すれば来年末には施行されることになる。

 ちなみに韓国では「ペット」や「愛玩犬」よりは、一生を共にするという意味から「伴侶犬」と呼ぶことが多い。

 この新たな改正案とともに、農林省は過怠金を20万~50万ウォン(2万円~5万円。通報者には20%の報奨金)と大幅に引き上げ、口輪を義務とする犬種も従来の土佐犬やアメリカンピットブルテリアなどの4犬種から拡げることも、来年の実施を目指しているという。

 あまり一般には馴染みのなかった「犬パラッチ制度」がにわかに注目を集めることになったのは、9月末に起きたフレンチブルドッグの噛みつき事件がきっかけだった。

 この事件、噛みついたフレンチブルドッグは人気アイドルグループ「スーパージュニア」のメンバーが育てていた犬で、噛まれた人物は韓国で有名な老舗韓国料理店の社長だった。加害者、被害者ともに有名人。しかも、不幸にも脚を噛まれた被害者は、6日後に敗血症で亡くなってしまった。そのため、大々的に報道されて大騒ぎとなった。ただ、フレンチブルドッグに噛まれたことと死亡との因果関係は明らかになっていない。

愛らしいフレンチブルドッグだが……(本文とは関係ありません) ©iStock.com

 この事件の後も、つながれていた柴犬をなでようとして顔を噛まれた20代の女性が、注意喚起を怠ったとして飼い主を訴える事件が起きるなど、韓国社会では“嫌犬”の雰囲気が広まっている。

 韓国では、特に小型犬などはリードをつけずに散歩させる人がいまだに多い。排泄物を処理しない人も少なくなく、日常でもトラブルが発生していた。

 9月の事件以降、わが家の柴犬を散歩させていると、ただ歩いているだけなのに、すれ違う人々から冷たい視線がびしびしと飛んでくるようになり、特に子どもと一緒の母親からはにらまれて、慌てて子どもを抱き上げたり、はたまた自分の背中に隠したり……。気持ちは分からないわけではないが、なんとも肩身の狭い思いをしていた。

 事件を起こした犬と同種のフレンチブルドッグを育てている人はさらに大変なようだ。きちんとリードをつけて公園を散歩させていたにもかかわらず、数人から「そんな危険な犬を公園で散歩させるな」と立て続けに言われたと半べそをかいていた。