昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

燃え殻さんも一緒に悩む「家族ってなんだろう」

「燃え殻さんに聞いてみた。」詰め合わせ[2017-2018冬]

仕事の日報代わりに始めたツイッターで、現在18万人超のフォロワーを抱える燃え殻さん。自身の経験と重ねた真摯な回答に共感の声が寄せられる「人生相談」のコーナーより、お悩みジャンル別に回答を厳選してご紹介します。本日のテーマは「家族」。なかなか答えを出しづらい悩みについて、燃え殻さんが一緒に考えます。

1)心配性の燃え殻さんが伝えたい「心配性な親たちへ」

〈質問ダイジェスト〉
 自他ともに認める心配性です。7歳の娘の初面談、第一声で先生に「○○ちゃんは心配性ですか」と言われました。肝っ玉母さんのようにおおらかに子育てしたいのですが、無理そうです。何かアドバイスいただけますでしょうか。P.S.キリンジファンです。(40代・女性)

〈燃え殻さんの回答は……〉
 燃え殻さんのお母様もかなりの心配性だったそうです。そして自身も立派な心配性に育ち、一人暮らしを始める時……肝っ玉母さんであるべき時はただ一度だけだと、自身の経験を振り返りながら語ります。

質問と燃え殻さんの回答全文を読む

* * *

2)燃え殻さんが学んだ「どんなに親しくても全部を共有しなくていい」ということ

〈質問ダイジェスト〉
 義母が亡くなりました。看病に戻ろうとした妻を「一晩ゆっくりして」と引き留めたため、妻はその時に間に合いませんでした。彼女からもだれからも間に合わなかった理由を聞かれることはありません。私が毎日そのことを思い出すだけなのです。妻にどう謝ったらいいのでしょうか。(50代・男性・会社員)

〈燃え殻さんの回答は……〉
 過去の人間関係から「どんなに親しくても全部を共有しなくていい」ことを学び、「人間のほとんどは『後悔』と『なにくそ』と『仕方ない』で出来てる」と語る燃え殻さん。それでも謝りたい気持ちが消えないのなら……?

質問と燃え殻さんの回答全文を読む

* * *

3)仕事未経験の私が単身赴任の夫にできることは何でしょうか?

〈質問ダイジェスト〉
 専業主婦で、単身赴任の主人がいます。高校生の息子は手がかからず、出張続きの主人の方が心配です。燃え殻さんと似た立場の主人が助かる、仕事未経験の私にできることは何でしょうか。(40代・女性)

〈燃え殻さんの回答は……〉
 燃え殻さんのお父様も単身赴任をしていたそうです。夏休みに遊びに行き、別れ際に家族みんなで号泣――その記憶を辿り、ある「3文字」だけで十分だと結びます。

質問と燃え殻さんの回答全文を読む

「○○さんに聞いてみた。」のコーナーでは、みなさまからの質問を募集しています!

質問投稿フォーム

燃え殻さん初小説
ボクたちはみんな大人になれなかった

燃え殻(著)

新潮社
2017年6月30日 発売

購入する